紹介します。


まずは先日記事にも書き、現在ドック入りしているMultiSnap。


MultiSnap for Evernote 1.3(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: Tea Leaves, LLC. – Tea Leaves LLC.(サイズ: 3.6 MB)
全てのバージョンの評価: (4件の評価)
あれから何度か使う機会がありましたが、相変わらず優秀っぷりを発揮しています。
たまにEvernoteへのアップロードにかなり時間がかかることもありますが、今のとこ送信失敗は一度もありません。消音が消し飛んであばばばしたこともまだないです。とはいえ、やっぱり振ると消音解除は改善してほしすぎる!(チラッ



プロカメラ 3.1.5(¥250)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: daemgen.net – Jens Dämgen(サイズ: 14.2 MB)
全てのバージョンの評価: (292件の評価)
 
こちらもドック入りしているカメラアプリ。
ちょっと前までCamera+というアプリを使っていたのですが、こちらをメインに使い始めました。


起動画面。スタート画面が表示されるので、起動は若干遅く感じられるかもしれませんが、自分はそんなに気になりませんでした。てかスタート画面あったっけって思った。


 このプロカメラ、後述するCamera+と撮影するだけなら機能はほぼ同じで、ジオタグ手ぶれ補正フォーカス露出補正ズームタイマーと、基本的なところは抑えています。

しかし、これも後述しますが、Camera+が露出補正をするためには画面を長押しして露出補正機能を表示させなければいけないのに対し、プロカメラは最初から表示されている(写真内の黄色いひし形のやつです)のでめんどうなタッチが減るということと、Camera+では手ぶれ補正を行うには、毎回設定しなければいけないのに対し、プロカメラは最初から表示されている手ブレ補正用シャッター(  (((◯)))←こんなボタンor全画面シャッターでも行けます!)を押すだけでいい、という点でこちらをメインに使うことに決めました。



Hipstamatic 225(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
販売元: Synthetic Corp – Synthetic Infatuation(サイズ: 20.8 MB)
全てのバージョンの評価: (403件の評価)
 
ドック入りしてた時期もありますが、現在はホーム画面に置いてあるHipstamatic。
このアプリの良いとこは、どんなに適当に撮影しても、なんかイイ感じに写してくれるという点です。


起動はちょっと遅いですね。このアプリは基本、動作がもっさりしているのがマイナスです。
さて、初めて起動させてみて誰しも思うことだと思います「ファインダー小さ!!」と。
しかし、これはあくまでもトイカメラアプリ。最初からキレイな写真を撮らせようなんて設計ではありません。あくまでもトイカメラの偶然性、ランダム感を味わってもらおう!というアプリです。
まぁでも、ファインダーをダブルタップすれば、全画面表示にしてくれるんですけどね。

ステキなフィルターやフィルムなどが最初から搭載されていますが、アドオン(85円)を購入することで更にステキなフィルターたちをゲットすることができます。私は全部買いました。種類はそう多くないですが、十分楽しむことができます。また、たまに無料のやつが出てきたりするようです。

私は当初、毎回フィルターやフィルムを設定していましたが、めんどくさくなったのでランダムで撮影するようになりました。ランダムで撮影するには、撮影する前にiPhoneを振ればOKです(ちょっとコツが要ります)。

ランダムなので、現像してみると、ここはこのフィルターじゃねぇだろ!って思うこともありますが、それがこのアプリの面白いところかもしれません。



ごちカメ! 1.10(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: pzoku app – Kosuke Ikeda(サイズ: 1.7 MB)
全てのバージョンの評価: (146件の評価)
 

app storeのランキングは、どうにも好かないものがあります。
iPhoneブログなどをよく巡回する人にとっては、あれほどあてにならないランキングなんてありません。有料アプリでAkinatorが1位!?はぁ?と思ったものです。

そんなapp storeのランキングを、先日何を血迷ったのか見ていたのですが、無料アプリランキングにこのアプリがあり、なんとなく惹かれるものがあったのでダウンロードしてみました。神アプリでした。



起動画面。基本編集アプリなので、写真フォルダから読み込むのか、撮影するのか選べます。


今回はOneCamで適当に撮影した私の朝食を使ってみようと思います。なんか朝食にしてはすごい豪華だ。


このアプリが神である所以。それはフォーカス編集機能がすげぇという点です。フォーカス画面に入り、円、水平、タッチのパネルがあるので、パネルを選びましょう。


そしてフォーカスしたいとこを指でなぞります。青くなっている部分は全てぼかしが入ります。


パネルのとなりにあるボタンを押して、にします。すると、こんどはタッチしたことろが青く塗りつぶされます。これを利用してはみだしたところを修正してみます。

範囲の選択が終わったら、フォーカスの強さを選択して、あとは明るさとかを適当にいじってみました。すると…


お!イイ感じゥー!






初めての編集だったのでまだまだ性能を十分に引き出してないかもしれませんが、少なくとも後者の方がなんかそれっぽくなってると思います。無料なので試してみてはどうでしょう?フォーカス編集機能、素晴らしい!!



Camera+​ 2.3.1(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: tap tap tap – Inventive, Inc.(サイズ: 19.7 MB)
全てのバージョンの評価: (321件の評価)

 Camera+!!起動は早いし画質もいいし言うことないよ。でも手ブレ補正と露出補正がめんどくせーからプロカメラに乗り換えちゃーん。ということで現状2画面目。え?なんで消さないのかって?このアプリの肝は、写真編集にあるからです。



たくさんのフィルターがあったり、トリミングとかいろいろありますが、一番素晴らしいのはこれ!


Clarity!!!!!!!!!!
一回上の2つの画像をクリックしてそのままの画像サイズで見比べていただきたい。もんのすごいクリア。ボタン一発でこれ。この機能のための2画面目。


OneCam[連写,静音,ジオタグ] 2.3.0(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Walker Software – masahiro seto(サイズ: 4.1 MB)
全てのバージョンの評価: (293件の評価)

その名の通り連射静音(無音です)ジオタグ搭載、さらにはスクウェア写真対応、起動のスピード、どれをとってもライフログ向きの最強カメラアプリ。



しかしそれでも!!最終的にライフログの終着点となるEvernoteとの連携を考えると、やはりMultiSnapに軍配が上がってしまいます…。PictShareも同期が安定しませんしね…。

と、ここで朗報です!これはまたいつか記事にするかもしれませんが、Windowsユーザーであれば、iCloudさえ使えればiPhoneからアプリを介せずEvernoteに写真をほぼ自動でアップロードするやり方を見つけたので、それを使えばMultiSnapも不要になるかもしれません!ちょっと諸事情あってまだ掲載できないのですが、近いうちに記事にするかもしれませんのでお楽しみに~


関連記事
・ジオタグ、静音、Evernote連携、最強のライフログ用カメラ「MultiSnap」が神アプリだった!
・iPhoneブラウザの決定版!スマホブラウザのスタンダードになりそうな機能がたくさん!その名も「Maven」
・待望のEvernote内画像ビューワー!「EverPicture」を使ってみた
・iPhoneホーム画面晒し!俺の画面を見ろ!お前の画面も見せろ!

スポンサードリンク