ここを珍スポット呼ばわりすると一部の方に怒られそうですが…

今回は、先日書いた三州園ホテルと同じく三ヶ根山スカイライン内にある殉国七士廟を紹介したいと思います。廃墟廃墟廃墟墓墓廃墟の中の2つ目の墓ですねー。
スポンサーリンク

殉国七士廟とはなにか




板垣征四郎、松井石根、東條英機、木村兵太郎、土肥原賢二、広田弘毅、武藤章の7人のA級戦犯の遺灰が埋葬されているお墓です。


私はいわゆるゆとり教育出身の最近の若者ですが、東條英機くらいは知っています。A級戦犯という言葉も小泉首相の靖国参拝問題で話題になりました。


その東條英機らA級戦犯のお墓がここ愛知県蒲郡にあるとは驚きです!


そして調べてみるとどーもがっかり系ではなく、実際に遺灰が三ヶ根山に持ち込まれた経緯や、東條英機の孫である東條由布子さんの何かの施設みたいなのがあったりと、意外と由緒正しい感じ。




ちゅーこって




でっかいでっかい石柱がお出迎えです。極太です。




「殉国七士廟」の文字は第56・57代総理大臣である岸信介が書いたものみたいです。立派!



何やらモニュメントがありました。


大きい


 そしてこれが殉国七士廟。さっぱりしつつも厳かな雰囲気が伝わってきます。お墓の前まで行ってみたものの、ハチかアブみたいな虫がブイブイ言わせてたので遠目の写真しかありません。

この殉国七士廟の周りには、他の戦没者のお墓のもポツポツとあります。また、もう少し別の場所に行くと同じく戦没者のお墓が広大な範囲に渡って建立しれています。その話はまた追々!

 関連記事

スポンサードリンク

この記事と同じカテゴリーの記事を見る
B級スポット