平成の城下町、豊田市。

唯一神トヨタの存在を中心に賑やかな街並みが続くが、一歩矢作川を超えると、そこに待っているのは森、森、森…。そんな森の中にひっそりと佇む橋があるのでした…。





その橋の名は勘八水管橋。読んで字のごとく橋と水道管が一体になってる橋なんだと思います。




車は通れない小さな橋です。しかしそれでいて力強く…赤々しく…丸みが…優しが…うん、まぁ、特に、書くことないや…。




橋からは小さなダムが見えます。




橋を越えると謎の施設がありました。しかしなんもなさそうなのでスルーで。




赤いアーチがイカスぜ。








橋の話は置いといて、今日のメインディッシュはその橋を越える前にある、ちょっとした廃墟のお話しです。




橋の手前に入り口があるのでここから左に曲がって侵入します。




廃屋発見です。ここには勘八峡レジャーセンターという施設があったみたいです。でも情報が少なすぎてよくわからん。




裏に回ってみるとなかなか壮大な崩壊っぷりでした。































こういう売店みたいな廃墟にはだいたい置いてあるよね。








ゴーカート場もあったみたいです。

なかなかに広い敷地を持っていたようですが、草が多いのとあまり時間がなかったので探索は簡単にして終わりました。そんなに難しい廃墟じゃないのでまたぶら~っと寄ってみよ。

てかiPhoneだとやっぱ太陽の下で写真撮るとダメねー。

そこんとこ補ってくれるHDR機能がすげぇって話を今度書きたいと思いますので乞うご期待。オヤスミマン。

スポンサードリンク