風天洞

愛知県豊田市ですよ、豊田市。
日本が誇るモーターシティ豊田も、矢作川なる川を越えるとそこはもう車も走らぬ未開の地。

そこに『風天洞』なる怪しい施設があるわけです。
珍スポット界でもなかなかの知名度を誇る有名な場所です。

風天洞


田舎に現れる狂気

あやし~~~~~


山奥に進んでいく

山奥に誘われます。


山道に配置される観音像

ディープだよぉー


狸の置物

スピーカーを抱える観音様

スピーカー担いでる観音様初めて見た。


奥に見えるはパラダイス

道の途中にも観音像がたくさn

十二支をモチーフにしている

十二支ブースを通り過ぎると…


仏像だらけ!

見渡すかぎりの仏像

仏像!仏像!アンド仏像!!!!


突然音が鳴る

さて、場内をうろうろしていると、突然大音量で音が鳴り響きます。
観光客が近づくとセンサーが反応して、音が流れるみたいです。

田舎なのをいいことに大音量で響かせ、クッソびびります。
死ぬかと思った。マジで。


観光客が近づくと音が鳴る

この観光客センサーがやばい!至る所に設置してあるようで、うろうろしてるといきなり声が鳴り響くのです!もう怖い!!!

そんなこんなでこの風天洞のメインイベント、洞窟巡りを行うとするも受付に人がいない。引き返そうとするとどこからともなくおばさんがやってきました。なるほど、鳴り響くセンサーが来客の合図になってるのね。

で、洞窟内に入るには1000円の入場料がかかるらしい。貧乏な私は一瞬躊躇するもここまできて払わないとおばちゃんに悪いし恥ずかしいしそもそも来た意味が無いので渋々払って入場。

あ、あとミカンもらった。


洞窟内へ


洞窟巡りが出来る

入り口は簡素。もう戻れない。


洞窟内にもたくさんの仏像がある

上下左右にくねる道

ゴリゴリ進んでいく。


艶かしい仏像

洞窟内にはインドチックな艶かしい仏像がたくさん置かれてる。


お金を洗うとご利益が

広い空間にでると、水が湧いていた。
この水でお金を洗うとご利益があるそうだが、冷たいのでやんない。


洞窟内の様子

落ちたら危険

急な階段が辛い

ちゃんとメンテナンスしてるんだか。


怖い

突然現れる仏像が怖い

PSPかと思った

PSP


指先に器用に1円玉が載っている

指先に器用に1円玉が載っている


洞窟を抜けるとそこも珍スポだった


洞窟を抜けました

洞窟は長くてアップダウンあるけど、そんなに狭くもなくて楽しかったです。


隙あらば仏像

倉庫仏像

倉庫にもすぐ仏像置いちゃう。


なぜか歴代天皇の絵

建物内に入ると歴代天皇の似顔絵が飾られてた。


骨董市かな?

イノシシの剥製

うおー


人形たくさん

ちょっと怖い

こえー


カエルがいた

福蛙

もうなにがなんだか。


御札貼られまくりの仏像

こんな感じのやつFPSゲームでよく見る。


寝転んで見ると…

このベンチに寝転ぶと天井の絵が見える。


天井に仏画

見上げるとこれ。
描くの辛そう。


山頂の観音

山頂にはこれまたスピーカーを設置してある立派な仏像が。


何故か車輪

その立派な仏像の台座にはなぜか車輪がついてる。マニ車?


豊田の山々

眺めはいい。


作りかけの仏像もたくさん

山頂は作りかけ仏像ゾーンでもある。


作りかけの観音様

なんかグロい。


重機

鋭意製作中!


広場

なんだか作りかけのものが…

その他

顔だけ観音

完成すれば全長11メートルの観音様になるらしい。
どのサイトを見てもこの顔だけの写真しかない。


ご神体

こっちもご神体

ありがてぇありがてぇ…!!!


船に乗せられた仏像

船乗り観音


石仏

自動車観音

日本一というか日本唯一

間違いなく日本一。


手にはホイール

ホイール握ってるww


恵比寿

戦艦陸奥の遺材

信仰の対象がわからない。

風天洞


公式サイト:なし
住所:〒444-2511 愛知県豊田市大蔵町横手山5
電話番号:0565-64-2279
場所:Googleマップで見る

営業時間:知らん
入場料:洞窟内1000円

備考:結構疲れる

スポンサードリンク