Twitterでライフログを残してる人は多いと思います。
そこでおすすめするのがTLを読み込まず、つぶやきのみを発信するChirpieってアプリ。


Chirpie 2.0
価格:無料
バージョン:2.0.3
App

で、そのChirpieが便利ってのを以前記事にしたわけですが

過去記事
[iPhone][app]Twitterでライフログを残すなら進化したChirpieが超オススメ! | お悩み裁判所

ここでも触れたように、改めてジオタグ機能がすげー便利だなーって。


やりかたは簡単。しずくみたいなマークを押して青色にしておくだけ。
すると次回からはずっとオンになってる。起動する度にいちいち位置情報を付加するボタンを押さなくていいので楽。FastEverのTwitter版と思ってもらえればいいと思います。




ツイエバで見るとこんな感じ。…といってもモザイクばっかでわかりにくいでしょうが。


これでつぶやきと同時に位置情報を簡単に送れるようになりました。あとからライフログを振り返ったときも自分がどこにいてどんなことを感じたのかもすぐわかります。

ライフログの振り返りアプリと言えばmomentoですが、残念ながら私はmomentoを持っていないので、そちらから見るとどう表示されるのかはわかりません。まぁたぶんなんとかなるだろうと。


でもいろいろ怖い点もありまして、アプリ側でアカウントの設定ができないので、ライフログ用アカウントのみ登録とかができないので、アカウントを間違える可能性があります。

自分でも若干何を言ってるかわかんないんですが、まぁそのへんは触ってみればわかると思います。
一応どのアカウントでつぶやくかってのは画面に表示されるんでちゃんとそれを確認すればいいんですけど。

それと聴いている音楽をTwitterにポストする機能はないので、それが困る人には向かない。
写真の添付はできるけど。

ちなみにTwitter以外にもFacebookに送ることができるんですが、そちらでジオタグがどう表示されるのかは未確認。

個人的には無料ということもあって大満足なアプリです。
いろいろなつぶやき専門アプリを試してみたけど、この自動ジオタグ機能は他にないんじゃないかな。起動の速さも魅力ですね。

スポンサードリンク