Day One (Journal/Diary) 1.5.7(¥170)App
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
販売元: Bloom Built, LLC – Bloom Built, LLC(サイズ: 16.7 MB)

過去記事
Evernote最大の弱点を克服!?Evernote上で日記をつけて、カレンダー形式で表示させるには…

昨日こんな記事を書いたんですが、結局のところDay Oneに落ち着いています。170円だしちゃったし、日記書き忘れ防止の通知もしてくれるし。なんといっても見た目、使い心地が気持ちいい。

でもえばろぐ→Flavaもせっかく使えるんだから、何かに利用してやろうと思いました。

そこで思いついたのがメシログです。
私は何かを食べるとき、まずOneCamで撮影し、PictShareでEvernoteへ送信していました。

OneCam[連写,静音,ジオタグ] 2.8.5(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Walker Software – masahiro seto(サイズ: 4.8 MB)


しかしこれでは昨日書いたように、カレンダー形式で振り返れないので、OneCam→えばろぐ→Flavaを使ってカレンダー形式で振り返るようにしてみます。


えばろぐの設定



フィールドその1
写真の添付

縮小サイズはもっと小さくてもいいかもしれないです。
写真日時をノートの作成日にできるので必ずオンにしときましょう。

フィールドその2

昨日書いたように、複数行テキストはFlava側が認識してくれないので、一行テキストで。
まぁご飯の名前を書くだけなので一行で十分でしょう。

最後は評価

ここもアイコンだと認識してくれないので、テキストを選択します。
このとき「タイトル」にチェックを入れとかないとなぜかFlavaでは認識してくれません。こういうところが鬱陶しい。



テンプレ完成

そうそう、タグを「flava_photo」にするのを忘れずに。

私はめんどくさいので☆を並べた形の評価にしましたが、やる気のある人は日記のときのように一行テキストフィールドを並べてしっかりした味の感想を加えてもいいかもしれません。

外食することが多いなら、店の名前や位置情報添付フィールドもあると面白いですね。果たしてFlava側が読みこんでくれるかわわかりませんが…。


Flavaに送信

カレンダーだとこんな感じ



意外とめんどくささはない




PictShareと違って、えばろぐはまとめて送信はできない(1つのノートにまとめてもいいなら一応可)

つまりご飯を食べたら、毎回送信しないといけない。

でもえばろぐは上述したように画像の撮影日時をノートの作成日にできるので、一日の終わりにまとめてやってしまえば問題ない。

Evernoteへの送信もバックグラウンドで行なってくれるので、いちいち送信中に手を止めることなく、ガンガンノートを作っていける。っていうかテンプレートが用意されている分、下手すりゃPictShareよりも早いんじゃねーか?って気もする。手数は多いけどね。

極めつけにURLスキームにも対応しているので(everlog://)Launch Centerに登録しておけば忘れることもない。

Launch Center – 等のアプリのタスクをスケジュールします 1.2.1(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: App Cubby – The Application Cubby LLC(サイズ: 6.3 MB)


残念なのは、まぁ昨日と同じ事だけど、せっかくえばろぐがたくさんの面白い機能を持っているのに、Flava側で制限されちゃうこと。じゃあムリにえばろぐは使わずFlavaだけでやりゃいいじゃんってわけなんだけど、Flavaは起動がもっさりだし、やりたいことは簡単なことなのに完了するまでいちいちやることが多いので嫌いなのです…。

あといちいち同期がめんどくさいってことか。でも個人的これは日記よりも結構しっくりきたので続けていこうと思います。



振り返るのって大事だから、振り返りやすい形を作ろう。

スポンサードリンク

この記事と同じカテゴリーの記事を見る
Evernote