ずーーーーっと積んであった花咲くいろはを先日やっと見終わりまして、また1つ廃墟に対する考え方が変わったきがします。
まぁ花咲くいろはに廃墟なんてでてこないし、今回紹介する物件は廃墟だけど旅館じゃないしでもう二重苦なわけですけども。

なんというか、廃墟になる前にそこにいた住人とかにいろいろと思いを馳せることが多くなりました。この部屋でどんな生活してたんだろ、とか。…文章にするとなんかキモイけど。

てなわけで今回は廃社員寮。画像多め。

建設会社の社員寮らしいです。















すぐ隣の池では釣り人がたくさん、物件の目の前の道路は頻繁に車が行き来し、更には鉄壁の柵が設けられ、侵入はとても困難です。







と思ったら正面から普通に入れたのでそのまま正面突破。









建物内への扉は鍵がかかっていたのでベランダからよろしくどうぞ。




部屋の中はあんまり見所もなく。1部屋だけファイルが散乱してる部屋があった。




ピロティ




道路からじゃわかんなかったけど、この物件結構奥行きがあった。










再び建物内の散策。




至る所に落書きが
















厨房







ちょっとマヤカンっぽくて好き。たぶん食堂。










この部分だけ焼けたっぽい。




便所




ボイラー室




建物の規模の割に小さめの風呂。







客室










うちの親父もよくこれやってたわ。













ガラスがない!危ない!






















屋上。隣の池から丸見えなのであんまり動けず。




























何気に見晴らしいい




気に入った。













面白かった!

スポンサードリンク