世間がiPhone5の予約で騒がしい中、自分は1人でSIGMAの高級コンデジDP1Merrillを買いました。


たけぇーーー
事前に予約してて、ちゃんと発売日に届くか不安でしたけど無事届きました。

DP1Merrillで撮影してきた!




こちらの写真だけ旧式DP2sの写真。これでもコンデジとは思えないほど十分すごい。
私はまだカメラを初めて1年にも満たない素人なんですけど、素人なりにもこのカメラがその他のコンデジよりも優れてるってのがわかります。

とにかくうまく撮るためには自分の腕が必要となるので、適当に撮ればそのまましょぼい写真がでてきて、がんばって撮れば…まぁそれでもしょぼい場合もありますけど、がんばったなりの写真がでてくるときもあります。

ちなみに全て手持ちです。




本当は画像を等倍サイズで見てその素晴らしさを思い知れー!って言いたいんですけど、4704×3136サイズの画像を掲載するとブログがパンクしちゃうので縮小してます。

DP1はDP2に比べて画角の大きいカメラで、風景専門みたいに言われてますけど寄ればちょっとしたスナップにも問題ないと思います。




CASE OF SIGMA | DP1 Merill 実写インプレッション | -photo.yodobashi.com-

マップカメラ | KASYAPA | 080:ダイナミックさと精緻さを併せ持つ驚愕『DP1 Merrill』 | SIGMA

こちらにはうまい人の撮影したサンプルがあります。同じカメラでも腕があればここまで写せるということですね。まぁフォトショの差もあるかもしれませんが。




今日は時々晴れ間が見えたものの、曇天模様でこのカメラには苦手なシチュエーション。
この写真もブレました。




彩度を高めにするとCGっぽくなります。




彩度を低くするとモノクロに。




もうガツンと写真をいじってます。




こういうゴチャゴチャしたところはこのカメラの見せ場。等倍で見ると干してある洗濯物がどんなものかもわかります。

https://picasaweb.google.com/lh/photo/IHSzFQJntCFLy65d32Fz0J6PY27Y7EUr9hjkOzoELAQ?feat=directlink
たぶんこちらのリンクから上記写真の等倍サイズが見れます。




最後に撮り比べ。こちらはDP1Merrill。




同じ位置からDP2s.

どちらもRAW撮って出しで写真はいじってません。雨が降りだして急いでたんで露出やSSなどの違いはあるかもしれません。

同じ位置からでもやはり画角の大きいDP1の方が写す範囲は広いですね。
それに対してDP2は範囲が狭いです。

じゃあ大は小を兼ねるでDP1の方がいいじゃないかっていうとそうでもない。画角の小さいカメラは、撮れる範囲が絞られてる分メインの被写体だけをバシッと撮れるからね。用途毎に使い分けることになります。


とりあえずカメラそのものの感想

でかい。重い。ワンショルダーのカバンにDP2sとDP1Merrillを入れて行ったけど重かった。薄型のスマホみたいなコンデジが出回ってる昨今、この大きさはえーってなる。私はそこが好きだったりするけど。

操作は旧DPとかなり変わってるけど、根本の部分は同じで特に違和感なくすぐ覚えた。

背面液晶がまだちょっとしょぼいな。 MFの際に拡大表示してくれるとはいえまだむずかしい。


あいかわらず手ぶれ補正もズームも書き込み速度も遅い使い切りカメラみたいなやつだけど、どうやったらうまく撮れるんだと試行錯誤しながら撮るのは本当にとても楽しいです。

スポンサードリンク