DP1Merrillを持って五色園に行って来ました。

過去記事:これが画質に特化した究極のコンパクトデジタルカメラ!DP1Merrillを手に入れた!

晴れ間が見えていたのに、五色園についたときには土砂降り&雷鳴…。休憩所に避難して外を見る。

https://www.dropbox.com/s/s2cuuhko54dpq06/SDIM0487.jpg
Dropboxに等倍サイズでアップロードしました。
等倍で見ると地面が川になってる様子がよくわかります。

 解像度が素晴らしいのでモノクロにしても情報が失われることなくよく映えます。



雨上がり。雨漏りしなくてよかった。



モノクロにハマる。



青空が。こうなってくるとDPの本領発揮。






ハ、ハラサン…


















怖い



こちらはDP2sで。ボケ方はDP2のがやっぱり好き。



これもDP2s。DP1,2Merrillは9万近くするけど、このDP1,2sやDP1,2xは3万ちょいで買えるのでおすすめ。
…と思ったらディスコンになってるのか価格高騰してた。






死にそうな感じにいじってみる。






Foveonはパッと見白飛び、黒つぶれしてても情報は記録されてるので、現像するときにいじってやると失われた部分が表示されてすごい。



後光が









これもDP2s。DP2sは元々青みがかかってて、更に彩度が高い。ちょっといじりにくい。



 同じくDP2s。



DP1Merrillに戻して本堂の中。室内はやっぱり手持ちだとつらい。それでもよく撮れてる方だとは思うけど。












完全に青空が



じじいみたいな手してるけど20代前半です。





すごい雲。雨風に耐えた甲斐があった。



 DP2sで。



これだけ光量があるとパリッとした写真が撮れる。



こんな田んぼの中で赤い鳥居が見える。



 赤はとても強く発色してしまう。



ちょっと彩度を抑えてみるも、納得いかない。



これだけ青空だと赤が強くてもいいかなと彩度を強めに。



考えようだ






同じ構図を彩度高めと低めで2つ。



前回触れなかったけど、今回長々と使ってみてバッテリーの持ちについて。
DP1,2Merrillはなんとバッテリーが2個ついてくるという素晴らしい特典があるのですが、それは元々Merrillのバッテリーの持ちが悪いからってのことなんですよね。
つまりバッテリー1個だけだと心もとないので、常に2つ持っていくことになるんですけど、それだと余計な荷物が増えて嫌なんですよねー。


今回100枚くらいRAWで撮ったんですけど、合計ファイルサイズが3GBあって大変でした。
素晴らしい画質だけどその分ファイルサイズも大変なことになってますね。
そんな大容量ファイルなので、現像にも3日くらいかかりました。
ちょっとしたスナップで使うなら素直にjpegで撮ったほうがいいかもしれません。

いろいろと不満点もありますけど、写真を撮る楽しさに気づかせられるカメラです。
初心者にはオススメしませんって言葉をよく見かけるんですけど、実際に初心者の僕が使ってみて、そんなこともないと思いますね。

スポンサードリンク