Come back to life
Come back to life / Vincepal


PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに 2.4.1(¥600)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Atech inc. – Atech inc.(サイズ: 2.7 MB)

最近PostEverを復活させてEvernoteにライフログを残しています。

Twitterがiftttとの連携を解消したりと、万能ツールとして怪しくなってきたってのもあってのPostEver復活です。
ほんでライフログをしっかり残すためにも、写真を添付してノートを彩っていたわけですがここで問題発生。

どうせならステキな写真を残したいけどめんどくさいのは嫌

基本的にiPhoneで写真を撮るときは標準カメラアプリを使ってます。なんてったってロック画面から起動できるからね。

けど標準カメラだと物足りない。これはOneCamにも言えるけど、いくら起動が早くてもiPhone純正カメラの性能だと出てくる画は正直劣化コンデジでしかない。iPhone4だと青カビ現象とかいう最悪な仕様もありますしね。iPhone5も作例見る限り紫がだいぶ気になる印象…。


OneCam(静音, 連写, ジオタグ) 3.5.0(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Walker Software – masahiro seto(サイズ: 6.6 MB)






そこでトイカメラアプリを使うわけです。毒を食らわば皿までと言った感じで、青カビがでるなら、紫がでるなら、もう徹底的に加工してしまえと。
これは見たままの画を写すようなその辺のコンデジにはできないiPhoneならではのことですしね。

Hipstamatic 260(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
販売元: Hipstamatic, LLC – Hipstamatic, LLC(サイズ: 34.1 MB)

Instant110 2.0.0(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: youthhr – Yusuke Horie(サイズ: 20.9 MB)

候補になるのはトイカメラとして有名なこの2つのカメラです。
どちらも吐き出す写真はステキなもので、どんなしょぼい被写体でもそれっぽいものに変えてくれます。

が、

Hipstamaticは動作が遅い。まぁそれはまだいいとしよう。
問題は強制的に横持ちにされること。別に強引に縦向きで撮ればいいんだけど、いろいろと気持ちが悪い。ランダムにフィルターをかけたいときにiPhoneを振らないといけないってのもナンセンス。

その点Instant110は起動が早く一度設定してしまえば何もしなくても毎回ランダムで撮れるのでいい感じ。

しかし撮影した写真は一度アプリ内に保存されて、そこから手動でカメラロールに保存してやらなければいけないという謎の二度手間仕様。この点でもうアウト。あとやたらモノクロ写真が多くなるとかの不満も。

んで、それらを解消してくれそうなのがこのアプリ。


INStanPocket – Toy Digital Camera 2.2(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: MorokoshiMan – Yasuhiro Kume(サイズ: 13.4 MB)


起動は”Hipstamaticよりは”早い。それでもOneCamなんかと比べると遅いレベルだけど。
フィルターのランダム設定などはできないけど、一旦起動してしまえば操作はサクサクなので手動でも特別気にならない。
もちろん撮った写真は何もしなくてもカメラロールに保存される。


結構ごちゃごちゃしててとっつきにくいけど、ゲームボーイみたいなかわいさもある。




吐き出す写真も上記2つのアプリに比べて謙遜ないもの。以前はモノクロ写真が撮れなかったけど、いつのまにか追加されてるし。

唯一残念な点はジオタグが付加されないこと。
これはライフログとしては大きな汚点だけど、PostEver側で補ってくれるので今の方法で使う分には問題ないかなと。


とにかく手軽に撮りたいとき


MultiSnap for Evernote 2.3(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: Tea Leaves, LLC. – Tea Leaves LLC.(サイズ: 4.6 MB)

MultiSnapがすごいってのは昔からずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと言い続けてるんですけど。

改めて説明すると撮影してすぐEvernoteに送信できるアプリです。しかもシャッター音が無音なんです!

最近これと似たアプリのFastEverSnapにも無音機能がつきましたが、こちらは無料で使用できるという神っぷり。


起動はとても早く、十分OneCamと肩を並べられる手軽さ。
こちらはEvernoteに素早く送るようとして使って、OneCamや標準アプリはTwitter用だったりとりあえず撮っとけ用だったりと使い分けていたんですが…

最近気づいたんですけどこれ、必ずしもEvernoteに送信する必要はないんですね。



あ、やべぇ印付けるとこ間違えた
撮影後にカメラロールへ保存ってとこをオンにしておきます。



んで、撮影したらでてくるいつもの画面でキャンセルを押す。

これでEvernoteには送信せず、無音で写真を撮れます


MultiSnapはレシート撮影用カメラとして使ってたんですけど、これで通常用としても使えますね。

ちょっと手間をかけてもステキに撮りたい時はINstanPocket、とりあえず撮りたい時&すぐEvernoteに送りたいときはMultiSnapって感じで使っていこうと思います。

そんなこんなでいろいろ変化もあったのでそのうちホーム画面晒しします。

スポンサードリンク