まーたこいつタイトル詐欺の誇大広告か!!
そう思うかも知れません。

がしかし!



そう書いてあるんです

世界最速設置のミニ三脚



今回購入したのはVelbonのミニ三脚。
この『Velbon』とう会社、僕は知らなかったんですけど三脚メーカーとしては有名なんだそうです。

カメラ好きの知り合いが言ってました。

そもそも三脚は以前買ったSLIKのミニ三脚があるんですが、全く使ってませんでした。
なぜなら設置するのがめんどくさいからです。
1本の足毎に3つの留め具を外さなければいけないので、その作業がとてもめんどくさい。

移動したい時はいちいち留め具を付け直して収納するか、収納せずそのまま1メートル以上に伸びた三脚を担いで移動するかしか方法はありません。
僕は廃墟での撮影をよく行うので、やっぱり機動性はかなり重要。
逃げ足は早くないといけないからね。

とはいえ明かりの少ない廃墟では三脚が必須。
てなわけで調べてみるとたまたまこの機動性抜群の三脚を見つけたので購入。

僕が買ったときは4000いくらかだったんですけど、3972円に値下げしてますね。悲しい。
1000円、2000円台が並ぶミニ三脚市場としては少々高めの価格かもね。




こんな感じで。




たまたま近くにあったとんがりコーンと背比べ。同じくらいですね。
薄さも抜群でSLIKのミニ三脚よりも更に携帯性はいい。



で、どういう風に世界最速なのかは画像じゃ伝えにくいのでこの動画をどうぞ。




要はSLIKのようにそれぞれの留め具を外して…って作業をなくして、ひっぱって伸ばす!縮めて収納!って感じ。とにかく早い。
収納のときにちょっとひっかかることが何度かあったが、そこまで気になるものでもない。




もう1つ今の三脚に満足できなかったのは、アングルを決めるのがめんどくさかった。
これは簡単にカメラの向きを変えられる。
その辺も上記の動画に詳しく説明してあるので参考に。

写真はカメラの角度を一番小さくしたところ。




これは最大。




縦向きも簡単に。
てなわけで4000円と高めの金額でも非常に満足できる品でしたとにかく今の三脚に不満な点が全て解消されて、三脚を使う煩わしさが全くない。


特に自分が愛用してるDP1MerrillやDP2sなんかは手ぶれ補正もなく、暗所に苦手なカメラなので、効果は抜群です。
多少暗くても期待通りの写真を写してくれます。

でも多少不満な点も。

高さが93センチと、1メートル未満です。もうちょい高さがほしい!
また、あくまでコンデジ用のミニ三脚なので、一眼レフには不向きです。




ミラーレスなら問題無さそうでした。
ただバズーカ並のレンズをつけたら崩壊すると思います。

スポンサードリンク