前田公園入口

愛知県のちょうど真ん中らへんに、愛知のデトロイトと言われる豊田市が存在しています。

豊田市も矢作川を渡ると、そこから先は前人未到の森林地帯が広がります。その森林地帯の入口、まだ文明の名残を残す地にこの『前田公園』があります。

心霊スポット?前田公園の謎

壊れた灯籠が並ぶ

ここの公園はその名の通り『前田さん』が個人で作ったものです。

かなり敷地は広いです。相当な金持ちだったみたいですね。地元のこの豊田に観光地を!という名目で作ったそうですが、今や心霊スポット扱いに…。

入り口から続く長い階段

入り口からでけぇ階段を登っていきます。

六角堂や稲荷神社などがある広場

広場があります。奥には鳥居もありますね。

聖徳太子の像?

聖徳太子?誰かの像。立て札とかないんでわからない。

仏像の生首

うおっ!

さらし首のように置かれる仏像頭部

な、生首観音…!棚の上に晒し首のように無造作に置かれていました。

またもボロボロな灯籠

灯篭がたくさん建ってますが、ボロボロ。

倒れて朽ちた灯籠

悲しいほどにボロボロになってしまっている。隙間から草木も伸びてるし、こういう状態になってから長いこと経ってそう。

不気味な配置のベンチ

気持ち悪い配置のベンチ。なんなんだこれは。

前田さんのお墓、六角堂

六角堂

さてさてこの前田公園、前田家のお墓もございます。それがこの『六角堂』。六角形のお堂でございます。

六角堂から広場を見る

お墓なんてものがあるもんだから、心霊スポットとして地元で有名になったみたいです。灯籠も自然に壊れたのではなく、壊されてしまったのかな。

六角堂を守る犬の像

六角堂の正面で両サイドに佇むのは狛犬でも狐でもなく犬。前田さんの愛犬?

六角堂には鍵がかかっている

お堂の扉は南京錠で施錠されています。『大切な建物です 傷つけたり壊したりしないでください』という注意書きが貼られていました。

以前は施錠されていなかったので、中に入ったことあります。中には仏像などがありました。そしてそして床をよく見ると一部に隠し扉が…。

その隠し扉を開けると、地下に下るはしごがあります。はしごを下ると確か墓石があったと思います。前田さんのお墓なのかな?そしてその前に何故かたばこが大量にお供えされてました。

祖先感謝之塔

六角堂の隣にある塔。上の方ボロボロだ。『祖先感謝之塔』と書かれてますね。

祖先感謝之塔内部

中に入れる作りだったので入ってみました。狭い塔内を上に登るハシゴがらせん状に設置されていました。

登り切っても特に横穴などはなさそうでしたけど、なんのためのハシゴ?

まさに心霊スポット!?首なし観音

森の中に仏像がある

まだまだ続く前田公園。中には森林に囲まれた森ゾーンがあります。薄暗くてただでさえ不気味な中、仏像がたくさん置いてあります。

観音像

この観音様の顔に大きな虫が這ってた。オオゴキブリかな?すげぇホラーだった。

暗い森の中

こんな森の中なので普通に不気味です。

笠を被った仏像?

また仏像がありました。遠目で見た時、笠でも被ってるのかな?と思いました。

首の代わりに灯籠が置かれた観音像

ところがどっこいこれだよ。まさかの首なし観音!こえ〜!

仏像の頭に乗っているのは壊れた灯籠の上部ですね。ひどいことをします。しかし結構驚いた。ゾッとしたよ。

完全に頭部が破壊された像

別のところにも再び首のない仏像が…。これらは意図的に壊されたのかな?恐ろしいし、不気味だ。

広場も謎だらけ

広場の謎のオブジェ

仏像ゾーンを抜けると広場がある。先太りの変なオブジェ。なんなんだこれ。

いびつな六角形

足元は五角形の陣形が、と思ってよく見るとすごくいびつな六角形だった。

三角柱のオブジェ

こちらにも謎のオブジェ。

前田公園の中央にある仏像

広場の中心には観音様。ラスボス感。

状態の悪い仏像

この仏像に関しても特に情報はなし。周りを囲っている柵や、お賽銭箱はボロボロ。

鳥居の名残?

広場を過ぎると特に何もない。鳥居かと思ったら違った。なんか中途半端だ。

できた当初の元々の姿はどんなところだったんだろうか?あと帰り道、一部道が整備されているところがあった。六角堂を施錠した人もいるし、管理はされているのか?なんなんだ!

前田公園

公式サイト:ない
住所:〒470-0331 愛知県豊田市平戸橋町波岩
電話番号:ない
場所:Googleマップで見る

営業時間:永遠
入場料:なし

備考:心霊スポットとして有名だが果たして…?

スポンサードリンク

この記事と同じカテゴリーの記事を見る
B級スポット