太陽公園の兵馬俑
兵庫県姫路市に太陽公園というファンキーなテーマパークがあると聞いてやって参りました。

結構な山奥ではあるものの、姫路駅から緑台行きのバスに乗れば太陽公園の目の前の停留所『打越西』まで一発で行けるのでアクセスは比較的楽。この世の楽園かと思えるような光景はもうすぐそこです。

太陽公園は意外と人気な観光地?

入場料500円を払って(その後1300円に値上げしたそうな)入場しました。2月15日という微妙な季節の中行ってきましたが、意外と若い観光客が多かったことを覚えています。デートするなら姫路城に行け!って感じですね。

何かのレプリカ像
順路に沿って歩いて行くとどこかで見た感じのモニュメントが乱立していました。

ここは世界中の有名な像や建築物などのレプリカを揃えたテーマパークなのです。我が地元愛知県にもリトルワールドなるテーマパークがありますが、基本的にレプリカってのはB級スポット化しやすい傾向にありますね。気をつけましょう。

モアイ像のレプリカ
モアイなんかももちろん登場。本物はもっと怖い目してなかった?

凱旋門のレプリカ
あ、凱旋門。う~んこんなんだっけ??

本物のフランスエトワール凱旋門
画像引用元:エトワール凱旋門 – Wikipedia

本家に比べたらめっちゃ簡素化してんじゃねーか!!フランス国旗掲げたからって騙されねーぞ!!

民族的な何かのレプリカ像
凱旋門をくぐってもレプリカ地獄は続きます。僕がここに訪れたのは14時という遅めの時刻だったので、帰ってくる観光客とたくさんすれ違いましたが、みんな目が死んでた。

小便小僧の群れ
こいつらここに池を作る気か…!大きさ的に1つあるだけじゃ寂しいってのはわかるけど、これじゃ前の子の頭におしっこかかるから!!

自由の女神のレプリカ
レプリカの殿堂自由の女神も当然の如くいらっしゃいます。むしろこれがないとB級感がないんですよね~~。

マーライオンのレプリカ
こちらも有名なお方、マーライオン。本家もただでさえがっかりスポット扱いなのに、その上をいくがっかり具合。上半身と下半身の繋ぎ目丸見えってのがポイント高い。

完成度の高い兵馬俑のレプリカ
こちらは中国の兵馬俑のレプリカ。これはなかなか珍しいんじゃないでしょうか?

兵馬俑は太陽公園最大の見どころ
素直にすごい。圧巻。欲を言えば上からではなく像と同じ目線で見たかった。

まだまだ続く石のエリア

万里の長城の入り口
そういえばこの辺りは石のエリアという名前らしい。というか太陽公園のほとんど全部が石のエリアなんですが。

てなわけで兵馬俑の次は万里の長城です。と言っても本家のような壮大さもないので、「万里の長城」というよりは「太陽公園の通路」くらいの感覚です。要するに普通の道です。

石貨神殿
万里の長城を過ぎると、ここからは像よりも建造物が多くなります。これは石貨神殿と言います。手前に丸いでかいのがあるでしょ。あれが硬貨らしい。

ピラミッドのレプリカ
ピラミッドだー!手前のおっさん5人分くらいの大きさ。まぁ、努力賞かな。

スフィンクスのレプリカ
ピラミッドといえばスフィンクス。ギザの大スフィンクスを元に作られたと思うけど、オリジナリティに溢れすぎている。

太陽公園のメイン見どころ!圧巻!五百羅漢!

五百羅漢像
羅漢というのは釈迦のお弟子さんたち。その弟子500人が集結して、お釈迦様に教えてもらったことを互いに確認する会議が歴史上4回行われている(と、言われている)んですが、その様子を表したのが五百羅漢像です。

まぁ五百羅漢像てそりゃ500人もいるから大抵どこだって圧巻ですが、ここのは山の斜面に等間隔に配置されているのでかなりの圧巻具合です。

五百羅漢に紛れる
おまけに羅漢像の間を縫って通路が敷かれているので、羅漢像の喧騒にまみれたような、そんな気分になれます。

上から見下ろす五百羅漢
上から見下ろす。おー壮大。

と、ここで五百羅漢像の頂上に建ってるお寺の住職さんに声をかけられる。なんでも羅漢たちの見守る向こう側の山では映画ラストサムライの撮影が行われたんだとか。

おーあそこでトム・クルーズやケン・ワタナベが…。平地を挟んで左右の山にA級スポットとB級スポットが並び立ってる稀有な例ですね。

まだ続く太陽公園!天安門と埴輪!

天安門
わりと本気の五百羅漢でお腹いっぱいになりつつも、まだまだ続きます太陽公園。続いて天安門です。

天安門広場
天安門広場だー!中国のYahoo!で『天安門事件』って検索すると接続が遮断されることで有名な天安門広場だー!

暴動を起こすにはちと狭い。

埴輪
天安門広場の隅にはなぜか巨大埴輪。

太陽公園に来た目的はこれ!巨大磨崖仏!

磨崖仏
ただのB級スポット見たさにわざわざ姫路まできたわけではありません。ちゃんと目的があります。それがこの磨崖仏!

あっ!子供が大仏さまに登ってるうううう!!!!!!!!羨ましいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!!もう大人だからそんなことできないよおぉおぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

図らずとも子どもたちのおかげでその大きさがわかると思います。寝そべった形なのが残念ですが、かなりの大きさ。

磨崖仏(まがいぶつ)というのはその文字からもなんとなくわかると思いますが、崖や岩肌などを彫って作られた仏像のことです。
重要なのは体の一部がそのまま地形にくっついていること。もしも離れてしまったらそれはもうただの大仏。価値ダウン。

単に大仏と言ってもいろいろあるんすよ。

白鳥城は入場料のわりに不評なようです…

白鳥城
こちらドイツのノイシュヴァンシュタイン城をモデルに作られた白鳥城といいます。富山県には「しらとりじょう」があるらしいのですが、こちらは「はくちょうじょう」です。読み方注意です。

中には入ってないけど、荘厳な見た目のわりにトリックアート作品がちょろっとあるだけで評判はかなり悪い見たいです(小声)

一応こちらは太陽公園の「城のエリア」となってます。共通チケットしかないので、石のエリアを楽しんだ後は城のエリアも見学できます。

山の上にあるので歩いて行くのは大変ですが、無料でモノレールに乗れます。良かったね。

補足

この太陽公園、老人ホームも経営しています。んで、障害者支援にも力を入れていて、例えば入場ゲートの受付などは障害者を雇って経営しているそうです。実際僕のときも車椅子に乗ったおっさんが受付にいました。

そう考えると、各国の有名モニュメントのレプリカが集まるこの太陽公園って、本物を見に行くことが難しい人たちのために作られたんじゃないのかなーとも思ってしまいます。

まぁそんなことは知ったことではないので、僕はおもしれーと笑い転げるためにまた行きたいと思います。

城作ったり、お金持ってそうだしね。


太陽公園

公式サイト:http://www.taiyo-park.com/
住所:〒671-2246 兵庫県姫路市打越1340
電話番号:079-266-6600
場所:Googleマップで見る

営業時間:AM9:00~PM5:00[年中無休](入場受付16:30まで)
入場料:1,300円(公園内、白鳥城含む)

備考:デートスポットとして行くのはおすすめしない

スポンサードリンク