尾道城
広島県尾道市です。
こちらに廃墟になったお城があると聞いてやって参りました。
一部、または全部崩壊した城なんかはよくありますが、それなりに管理はされています。

ところが誰にも管理されず廃墟となった城は非常に珍しいと思います。
そんな珍しき廃城がこちらでございます。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

遠くから見る尾道城は普通の城だが


遠くから見た尾道城

尾道駅から北側を見あげればすぐ見つかります。
ふみふむ。山の上に凛々しく佇む姿はとても廃墟とは思えません。


尾道城に到着

山を登ります。ひたすら登ります。
廃墟やB級スポットで歩きには鍛えられていたので、この手の坂道なんて慣れっこだと思っていました。

しかしさすがに坂道で有名な尾道だけあってこの趣味を始めてから初めて途中で引き返そうかと思いました。
が、ひいひい言ってるうちに到着。


近くから尾道城

尾道城をアップで見る

ドドーン!近くで見ると趣がない。
いや、それは廃墟であるという僕の先入観からかもしれない。
もっとよく見極めよう。この城、なにかおかしい点はあるか?

全面ガラス張り、コンクリート製、スピーカー…やっぱり城としての趣はない。
ちゃんとした歴史ある城というよりは、見世物として突貫工事で作られた名古屋城などに似たがっかり具合い。


尾道城の正体


尾道城の正体はただのお城風建築物

そもそも歴史ある城が廃墟になるなんてありえません。
このお城もそう、特に誰かが住んでいたわけでもなく、ただのお城風な建築物です。

ウィキペディアによると1964年に博物館として建てられたものだそうです。


元々は博物館でした

そんなこんなで1990年代には早々にそのお役目を終え廃墟化してしまったようです。
そりゃまぁ歴史的価値観0の後出しコンクリート製の城なんざ誰も行かねぇわなぁ。


尾道城の入り口

城の入り口は柵と植物で覆われています。
『全国城の博物館 尾道城』という名前だったみたいですね。


きちんと施錠されています

柵を超えてもお城そのものの鍵がしっかりかかっているので中に入ることはできません。
というかどんだけネット上を探しても営業当時の様子すら知ることができません。


尾道城はこども110番の城でした
こども110番とか言われても。ここに逃げ込んだら完全に逃げ道なしになります。


お城の遺構?

お城のすぐ近くには謎の遺構もあります。


無駄に残る尾道城



そんなこんなで詳細もよくわからない謎の珍廃墟が誕生してしまったのでした。
尾道市民にとっては文字通り目の上のたんこぶ的存在のようです。

ま、僕のような人にはメッカみたいなもんですけど。


尾道城付近からの眺めは抜群

ただ、眺めはいいです。瀬戸内海が一望できます。実際近くにある千光寺なんかは眺めを売りにしてますからね。


まるで和風ラピュタ

下から見上げると蔦がすごい。
まるで和風ラピュタか。


コンクリート感むき出し

この辺から見上げるとなんかもう城じゃねぇんだよなぁという感想しか湧きません。


あくまで博物館です

あくまで博物館なのでしょうがないことですけども。


廃墟になっても立派な存在感

内部に入れないのは残念でしたが、なかなかの珍物件を見れて満足。
言っときますけどお城の隣にあるホテルは現役ですので。お間違えの内容に(失礼)


尾道の猫

山を下り市街に戻る。
尾道には猫が多い。


尾道のサボテン

タランチュラもいた。
おっとサボテンだった。


尾道駅から見る尾道城はかっこいい

遠くから見るとかっこいいんだよな~~~~~~~~



尾道城


公式サイト:不明
住所:〒722-0031 広島県尾道市三軒家町
電話番号:不明
場所:Googleマップで見る

営業時間:年中有休
入場料:無料

備考:城で町おこしは無理

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。