熱田区にある秋葉山圓通寺で行われる火渡り祭りに行って来ました。
っていうか渡って来ました。

というわけで当日の様子を。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します



圓通寺には初めてきました。今宵、こちらで火渡り祭りが行われます。



特設会場に集まる人々。意外と多い。



上から撮影。まるでプロレス会場みたいだ。



だいぶ待たされた後、いよいよ点火されました。
思った以上に燃えてるんですが。鳥でも放り込んだら一瞬で焼き鳥に変わりそうです。

これ渡るってか死ぬよね?



さすがにあれを渡るわけではなく、多少火が収まった後にまずは行者が渡ります。
火は両サイドに避けられているので、直接火の上を歩くわけではありません。



とはいえ熱そう。すぐ近くには救急車も配備されていました。



渡る前に「セイッ!」とか掛け声をかけてる人もいました。やっぱ熱いんすね。



行者が渡り終えるといよいよ我々一般人のターン。

かなり火は弱まっているので全然熱くなかったです。というか渡る前に裸足で土の上を歩くのがすごく冷たくてむしろ強火でお願いしますといった感じです。
本当に1秒でも足の裏が地面についてると凍えてしまうレベルでした。



そんなわけで火(の間)渡りも余裕すぎてなんのおもしろみもねー!という状態だったんでここは一発体張るかと思ってまだ火の残る端の方を歩いてみたら、普通に足の裏焼けました。

そんなサプライズもあったもののとにかく足の裏が冷たくて冷たくてしょうがなくて渡り終わったあとはそそくさと靴下を履くのであった。



これじゃ消化不良だと意気消沈している僕を見守る毘沙門天。

ってこれ浅野祥雲先生の作品じゃないですかあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

思わぬところで祥雲先生の作品に遭遇。あったよ、火渡り祭りにきた価値、あったよ。


秋葉山圓通寺 熱田 火渡り祭り 浅野祥雲 仏像


公式サイト:非公式だけど
住所:〒456-0031 愛知県名古屋市熱田区神宮2丁目3−15
電話番号:052-671-6987
Googleマップで見る

営業時間:09:00~17:00
入場料:なし

備考:冷たい

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。