iPhone持って珍スポットいてくる

民族音楽好きなら絶対気に入る!『ZABADAK』のおすすめ曲

公開日 :   更新日 : 2015/07/18
カテゴリ : 生活

Hidden Miao Valley SOOC
Hidden Miao Valley SOOC / ming1967

ZABADAK』というバンドがあります。
80年代後半頃から活動してる、息の長い長いグループです。

彼らの作る音はとても民族的で、特にケルト色が強くてその筋の音楽が好きな方はもちろんですけど、そうでもない人でもすごく気に入る要素が満載だと思います。

そんな素晴らしい音楽グループのZABADAKですが、いまいち知名度が低いのでみなさんにご紹介したいと思います。
スポンサーリンク

Deir Paider



モロに民族色でまくりですね。
 「Deir Paider」ってのはアイルランドの言葉で、「祈り」とかそんなような意味らしいです。


I’m Still Fine



こちらは2002年のアルバム「SIGNAL」に収録されている1曲。
ZABADAKのリーダーでもある吉良さん自身が歌ってます。

初期の頃は吉良さんがボーカルをとる曲は少なかったのですが、後期は多くあります。
結構好きな声です。


休まない翼



こちらも吉良さんボーカルの曲。


Wonderful Life


WonderfulLifeの名に恥じない壮大な作りになってます。
歌詞も音も泣かせにかかってきますね。
悪く言えばあざとい。でもこれが良いのです。

後期のZABADAKはこういう民族的じゃないものも多いです。


Tin Waltz


【ニコニコ動画】ZABADAK-Tin Waltz

夕焼けが似合いそうですね。
とてもノスタルジックな曲。本当にいろんな魅力があります。


12月の恋人


【ニコニコ動画】12月の恋人/ZABADAK

クリスマスソングですね。
クリスマスソングにしてはアップテンポでキャッチーで、とても爽快な曲。

隠れた名曲です。


ZABADAKは魅力が沢山!


【ニコニコ動画】zabadakメドレー

本当はもっとおすすめしたい曲があるんですけどあまり動画サイトには上がっておらず紹介できなくて残念です。

ニコニコだとメドレー形式などでいくつかまとまってるのがあるんで気に入った方はいろいろと聴いてみてください。

ただCDはほとんど廃盤となってます。
itunes等のダウンロード形式ではわりと販売しているんでどうぞ。

初期と後期で作風がわりと変わってますが、自分はどっちの時代も大好きです。
是非聴いてみてくださいな。

20th
2,400円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
生活