↑DP2sにクローズアップレンズをつけて撮影。

さてさて私も愛用しているSIGMAのDPシリーズですが、先駆けて発売されたDP1Merrill、DP2Merrillに続いてDP3Merrillという新商品が発表されました。

どう違うのかを簡単に言うと、撮れる範囲がDP1>DP2>DP3という順番で狭くなります。
狭くなる分被写体を大きく写すことができるのでマクロ撮影なんかに向いてますということです。

このDPシリーズには初代からズーム機能がないのでフィルター等で補ってやる必要があったんですが、DPシリーズ4代目にしてついにマクロ撮影専用のカメラがでました。あいかわらず尖ってんなー。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

他社には真似できない解像度


ズームもない、手ブレ補正もない、おまけに背面液晶はしょぼい、と機能面においては酷評の嵐なこのカメラですが、それでも愛される理由はその恐るべき解像度。


実写ギャラリー | SIGMA DP3 Merrill : スペシャルコンテンツ

http://www.sigma-dp.com/DP3Merrill/samplephoto/SDIM1605.jpg

犬の瞳の中に写る景色までしっかりと描写してる様には笑ってしまいます。


http://www.sigma-dp.com/DP3Merrill/samplephoto/SDIM0558.jpg

ベンチの木の質感は言うまでもなく。地面に落ちているゴミの1つ1つも逃さず描写。
余談ですが先日DPシリーズで女性の肌を取る際に毛穴を目立たなくする方法なんてのがTLに流れてきて笑いました。

他社のカメラも当然素晴らしいです。素晴らしい機能が豊富で、初心者であっても簡単に美しい写真を撮ることができます。
対してこのDPシリーズは適当に撮ったら適当な写真になるし、がんばって撮っても全然だめでしたってこともあります。F値、ISO、露出、ピント、シャッタスピードなどなど…あらゆる数値を頭に叩きこんでこのロケーションではそれぞれの数値をどう動かすか、そういうめんどくさいことを常に考えて撮らなければいけません。

それだけじっくり1枚に時間をかけて撮影すれば、嫌でもこのカメラと写真が好きになります。もっと良い写真を撮るためにはどうしたらいいんだと考える日々です。

全くもってカメラ初心者の僕ですが、このカメラのおかげで写真に俄然興味が湧いてきましたね。


そんなわけでDP3Merrillの発売日は2月22日に決定し、キャッシュバックキャンペーンなんかも行われるようです。

SIGMA DP3 Merrill 発売記念「SD/DPユーザー様スペシャルキャッシュバックプログラム」について|株式会社シグマ


SIGMA製のカメラを持っていれば(10年前のカメラでも対象なのがすごい!)新規にMerrillシリーズを買うといくらかのキャッシュバックがもらえるようです。僕の場合DP1Merrillを持っているのでDP2MerrillかDP3Merrillの購入であれば3万円、SD1Merrillの購入であれば5万円のキャッシュバックがもらえます。

正直めっちゃ揺らいでますけども今は厳しいかな。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。