Androidの神アプリと言えばTaskerでしょう!

Android版iftttとでも言いましょうか。 タイトルにあるよう「画面をオフにしたらWi-Fiもオフ」、「イヤホンを差し込むと音楽が再生される」などなど…あらゆる行動を連動・自動化できる恐ろしいアプリでございます。

Tasker
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

Taskerの使い方

というわけで画面をオフにしたらWi-Fiもオフのやりかたを紹介します。

まずは真ん中したの+ボタンを押して作っていきます。

Eventを選択

トリガーとなるアクションに名前をつけます。 とりあえず画面オフと名づけました。

トリガーの一覧画面です。 Displayを選択

DIsplay offを選択

続いて引き起こされるアクションに名前をつけます。

まぁ適当に

名前をつけたらチェックボタンを押して次へ

Netを選択

Wi-Fiを選択

+ボタンを押します

Wi-Fiに関する項目がでてくるのでoffを選択

Wi-Fioffと表示されているのを確認してチェックボタンを押します

最初の画面に戻って来ました。 最後に左下のチェックボタンを押すとアプリが終了します。

この状態でスリープボタンを押してから再び復帰してみると… 確かにWi-Fiがオフになっています!

しかしこのままだと不便なので今度は逆に”画面がオンになったらWi-Fiをオン”というタスクを作ると、まるでスリープボタンがWi-Fi切り替えボタンになったかのように簡単に切り替えられます。Wi-FiだけでなくBluetoothや3Gもオンオフができるようです。

日本語には対応していませんが、簡単な単語で書かれていてそれなりに簡単なので是非試してみるといいと思います。

  • 自宅を離れたらWi-Fiオフ
  • Bluetoothがオンになったら音楽再生
  • 毎日7時にカメラで前にあるものを自動撮影
  • 充電が満タンになったら知らせる

なんだかいろいろできそうな感じです。

こちらに無料版の.apkファイルもありますが、ストア経由のものではないいわゆる野良アプリなのでダウンロードは自己責任で(まぁ、心配するようなものではないと思いますが)

いやぁこれはちょっと驚愕ですね。プログラミングができればもっと複雑なことができるみたいですが、これでも十分驚きました。やっぱAndroidってすげーわ。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。