iPhone持って珍スポットいてくる

カメラ初心者が”おまかせ撮影”を脱却するために覚えておくこと ~F値~

公開日 :   更新日 : 2015/07/17
カテゴリ : カメラ


みなさん楽しく写真撮ってますか!?僕は…
カメラを買ったはいいが、いざ説明書を読んでみると長いし意味わかんないしで結局使いながら覚えようとしてしまうんですよね。

んで、わけもわからずとりあえず撮影をしてみると、意外にもそれっぽい写真が撮れちゃうんです。
最近のカメラはもうオートでもふつーにかっこいい写真をビシッと撮ることができるんですよね。
それはとても素晴らしいことです。だがしかし!だがしかし!!!

せっかく高いお金を出して買ったんだから!もうちょっと使いこなそう!!
ってなわけで今日はカメラのお話し。
スポンサーリンク

F値


F値っつーのは絞りとも言われます。
F2.4とかF10とかそういうのです。

F値が小さいと絞っていない状態と呼ばれ、また最小値では”開放”と呼ばれます。
F値が大きいと絞っている状態と呼ばれます。

んじゃあどういう効果があるのかというと、”ボケ”と”明るさ”です。



F2.8。
ピントはミニラに合ってるので背景はボケボケです。一眼らしい写真。



F4.5
あまり変化はなし。



F6.3
背景の英語も見えるようになってきました。



F10
全体的にボケは少なめ。英語もほぼハッキリと見える。


使い分ける


ご覧の通りF値は”ボケ”と大きな関係があります。

例えば被写体の一部を際立たせたいときはF値を小さくして背景をボケさせるといいでしょう。
逆に風景のように全体を写したい場合はF値を大きくすると隅々までしっかり写ります。



F2.8
ここからの写真は先ほどの写真を切り抜いたもの。
F値は小さいので背景がボケています。
矢印の部分に注目してみてください。



F6.3
先ほどの矢印の部分と見比べてください。
こっちの方がしっかり写ってることがわかると思います。

F値が大きいと、ボケがなくなる代わりにシャープに写ります

一番シャープに写るF値の大きさはレンズによって異なりますが、F6~F11くらいが最適と言われています。



F10

F2.8に比べるとシャープですが、F6.3と比べると若干劣化してる感じもします。いや、やっぱりF10のがいいかな??

まぁとりあえず、F値を大きくすればするほど写真がシャープになるかと言えばそうでもないんですね。


まとめ


このレンズだとF6.3辺りが一番シャープに写るかな?ってことがわかりました。
じゃあボカしたいときは開放で、全体的にキレイに撮りたいときはF6.3くらいにすればいいのかと言えばやっぱりそうでもない。

F値に関連するもう1つの要素”明るさ”が関わってくるんですね。
F値を小さくすると写真が明るく、F値を大きくすると写真が暗くなってしまいます。

そこで明るさを決定するもう1つの要因シャッタースピードが重要になってきます。これは次回書きます。

そうしてその辺を組み合わせてそのシーンに合った最適な値を決定してやるといい写真が撮れたり、逆に敢えてハズしてみたりと思い通りに写真を操れるようになるんですね。

せっかくなのでおまかせでただ撮るだけじゃなくて、自分で考えて撮れるともっとカメラが楽しくなると思います。


まとめのまとめ!

■F値を小さくすると…
・写真がボケる
・その分シャープさに欠ける
・でも明るく撮れる

こんなシーンに最適
・暗い室内
・対象を際立たせたい


■F値を大きくすると…
・あんまりボケない
・その分全体的にシャープに写る
・暗くなる

こんなシーンに最適
・晴天時の風景
・とにかく全体をきれいに写したい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
カメラ