iPhone持って珍スポットいてくる

筋肉少女帯はももクロ・ゴールデンボンバー元祖!?ネガティブな歌詞がサブカル臭を刺激する!

公開日 :   更新日 : 2015/07/17
カテゴリ : 生活

オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト“大公式”


その昔ナゴムレコードというレコード会社がありました。
そこに属するバンドはみんながみんなキワモノ揃い。

意味のわからない、ノリで書いたような適当な歌詞と、何をするでもなくステージ上で踊り狂うナゴムの面々…。

そんなナゴムからは、紅白にも出場したかの有名な「たま」や日本テクノ界の重鎮「電気グルーヴ」など、意外な著名人を輩出していたりするんですが。

その中の1つに「筋肉少女帯」というバンドがあります。
スポンサーリンク

内向的!引きこもり系の歌詞!


j-popの歌詞ってどっちかっていうと応援歌的な、ポジティブ的な歌詞が多い。
その内容も恋愛だったり、友情だったり…。

一方こちらの筋肉少女帯、かなりネガティブな歌詞を得意としています。
恋愛を扱った曲ももちろんありますが、一方的な片思いだったり、恋人がゾンビだったりと面白いです。

決してクラスの人気者ではなく、どちらかと言うと空気。
しかしそれでも自分はあいつらとは違うと、自分は本当はすごいんだと、そんな気持ちを持った人にはストライクを放つバンドです。

最近ではゴールデンボンバーが非常に近いですね。
どちらかというと非モテ系みたいな。

ライブパフォーマンスにしても、キーボードがやることないときはステージ上を走り回ったり、ボーカルがヌンチャク回したりね。

ももクロとは直接縁があって、「労働讃歌」の歌詞は筋肉少女帯が提供しています。
ももクロの楽曲をいくつか作曲しているNARASAKIさんも、かつて筋肉少女帯のボーカルと「特撮」というユニットを組んでいたりと、アイドルグループではあるものの筋肉少女帯に縁があり、近い感じがします。


筋肉少女帯の歌詞紹介


踊るダメ人間


http://youtu.be/fkMBO1IZkBo

ダメダメダメダメ人間!
人間!人間!


レティクル座の花園


http://youtu.be/3j2tIB44R14

モモコ生と死の境でつぶやいた
「あの世は花咲き乱れてる園よ」
「モルヒネの麻酔のまぼろしさ、それでなきゃきっとうわ言」


鉄道少年の憩


http://youtu.be/ZvOAZ74VnPU

俺はご覧の通りの「ピー」だから
心と身体を二つに分けて
自分同士で恋をするのさ
イカした恋をエンジョイするのさ!


パブロフの犬


http://youtu.be/PAMUfp-l60k

パブロフの犬だ!パブロフの犬だ!あなた方は!
リング・ア・ベルで
リング・ア・ベルで
よだれを垂らして!


労働者M


http://youtu.be/nxe4hZZLXn0

ダイアモンドはただの石
一万円札はただの紙
アンモナイトはただの貝
人間とは一体なんだー!?


蜘蛛の糸


背中越しに笑うあの娘 あなただけはとても好きだよ
くだらない人たちの中で 君はどうして明るく笑うの

蜘蛛の糸を昇って いつの日にか見下ろしてやる!
蜘蛛の糸を昇って いつの日にか見下ろす


ただの歌詞が面白いバンドじゃない!演奏技術も高くて驚く


【ニコニコ動画】筋肉少女帯 – サンフランシスコ 橘高vsエディ(高画質)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4029520

ただ歌詞が面白いだけじゃなく、演奏もすごい。
これで大槻ケンヂのボーカルがうまかったら、ともよく言われるけどもあの個性的なボーカルがあってこそ筋肉少女帯だと思う。

こんな後ろ向きな歌詞に共感しちゃいけないんだけどね、どうしても非常に共感してしまうのです。

ネガティブなのにどことなく痛快。
非常にいいバンドです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
生活