土倉鉱山

こんにちは。
廃墟マニアならもちろんご存知、滋賀県の土倉鉱山に行ってきました。

国道303号線、金居原バイパスのの途中に分岐するところにあります。
木ノ本駅から車で約20分程度の山の中。

そんな山奥にある土倉鉱山は、今では廃墟となっていてコンクリートの遺構が残っています。
ここの廃墟は誰でもウェルカムなので、アクセスは大変ですがひと目を気にせず遊ぶことができます。

ただもちろん誰かが管理しているわけではないので、怪我した場合は自己責任です。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

廃墟となった鉱山、土倉鉱山

コンクリートの遺構が残る廃墟

土倉鉱山は1965年に閉山して以来、この滋賀県の山奥にずっと放置されています。
重厚なコンクリートと、自然の対比が素敵です。


立入禁止ではない

廃墟と言うとネガティブなイメージですが、近くに案内用の看板も立っていたりと、わりとウェルカムムードなのが特徴。

むしろ地元の方が集まってこの場でイベントを開いたりしてるんだとか。
自由に入れるアクティブ廃墟。いいですね。


コンクリートの柱が立ち並ぶ

鉱山としてどのように機能していたかはもうさっぱりわからないのですが、ただただコンクリートの遺構に圧倒されます。


山の斜面に面して建っている

山の斜面に建てられています。


ロープを使って登る

入口になる斜面には誰がかけてくれたのかわかりませんが1本のロープがかかってます。
これを信頼してレスキュー隊のごとく斜面をよじ登ります。


ロープを使って登っている同行者たち

斜面を駆け上がる同行してくれた友2人。


ロープを使って登る同行者

これが意外と辛い。
ファイト一発みたいな感じで頑張って登ります。


巨大なコンクリートの塊

鉛色の空にコンクリートの塊が映えます。


廃墟の上に立つ同行者

かっこいい。


今となっては当時の姿がわからない

何かの遺構。
今となってはさっぱり。


とにかくコンクリートの柱と壁

そもそも屋根とかあかったのかしら。


その姿はまるで神殿

一見するとまるで神殿のよう。
本当にここで採掘活動が行われていたのか。想像できない。
どちらかと言うと作りかけの物件みたいだ。


選鉱場跡

選鉱場跡。
選鉱場ってのが何か知らないけど鉱物の選別を行ってたのかな?


コスプレ撮影に最適です

コスプレして撮影する方も多いそうな。
この舞台ならばコスプレしてなくてもキマるもんなー。


続きは以下のリンクからどうぞ
土倉鉱山は滋賀県観光におすすめ!木ノ本駅からアクセス良好の廃墟で遊んだ


鉱山は廃墟も現役もすごいので大好き。
岩手県の釜石鉱山は日本有数の鉱山廃墟です。

いつかは行ってみたいところ。
もう解体されたのかな?



土倉鉱山


公式サイト:作ってあげたい
住所:滋賀県長浜市木之本町金居原
電話番号:圏外だった

場所:Googleマップで見る

営業時間:1965年まで
入場料:ガソリン代

備考:コンクリもボロボロだし地面はぬるぬるで調子こいてると死ぬ

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。