nexus7をメモ帳風に

はじめまして!この度「iPhone持って珍スポットいてくる」様に寄稿させていただくこととなった斎藤と申します!よろしくお願いします!

今日はみなさんご存知nexus7で使えるかわいい感じのキーボード付きカバーを購入したのでその紹介をしたいと思います!
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

nexus7が手帳っぽくなった


Nexus7が手帳っぽく


じゃん!今回購入したのはこちらのキーボード付きケース!
Amazonで850円でした。安い!

見た目は手帳みたいな感じでかわいいですね。かわいいか?
これを開くと…。


キーボード付きnexus7

中にはキーボードが内蔵されております。


スタンドもある

立てる!
いいですね。




裏から見るとこんな感じ。
角度はほぼ一定です。


立てかけ方

3つのツメで端末をホールドする感じです。
ツメは結構強力なのでもちろん縦向きにしてもスルリと端末が落ちることはありません。
むしろ強力故に意外と取り外しがめんどくさかったりします。

7インチタブレットであれば他の端末でもいけると思います。
ちなみに写真上のダセェ発泡スチロールはちゃんと取り外せますので。


爪が邪魔に

これがクソ邪魔。
引っ込めることはできるけど。


iPadのスタンドと比較

先日買ったiPadのキーボード付きカバーに比べると当然ながら小さいです。


キーボードの使い心地

キーも1つ1つ独立しておらず、固まって配置されているのですげー押し間違えます。
iPadに見られたホームボタンとかもなし。もしかしたらショートカットキーで使えるのかもしれないけど。


USBの種類は選べる

キーボードはBluetoothじゃなくてUSBで挿すタイプです。
購入の際に通常USB、MicroUSB、ミニUSBの三種類から選択できます。
nexus7はMicroUSB端子しかないのでnexus7で使うならMicroUSB端子のものを買うのがベストなんですが、あえて通常USBを買いました。

その理由は…。


マウスとキーボードをNexus7に接続

以前買ったUSBハブを使ってマウスと一緒に使用できるようにするためです。


Nexus7にマウスとキーボードをつなげるために

マウスを使わない時はこのL字型コネクタでUSBからMicroUSBに変換して使ってます。
正直マウスはBluetoothのものを買って、キーボードは普通にMicroUSB端子のものを選択すればよかったと後悔しています。


コード類が邪魔に

おかげさまでコードも普通ならケース内に収納されるはずが、外にはみ出しちゃってます。
そこはゴムバンドみたいでカッコイイかなと、なんとか納得させてます。

なんにしろnexus7の”片手で掴める7インチサイズ”って謳い文句を機関銃持って殺しにかかってるレベルだと思いますが。


タッチペンも買った

カバーの見た目が手帳みたいだから合わせ技でタッチペン買ってみた。


iOS専用みたいに書いてあるけどnexus7でも行けます。


感度はそこそこ



SketchBook Express 2.9.2
カテゴリ: メディア&動画
Android app on Google Play

アプリもダウンロードしてこれで電子メモ帳の完成や!と意気込みながら書き込んでみたけどすげー微妙だった。
濁点がほぼ認識しない。これはアプリのせいだろうか。


手帳っぽいカバーとタッチペン

ペンを使わないときはこの辺に挿しておく。
さっきの執筆具合を見ると恐らく彼はここで一生を終えると思う。


裏から見ると…

改めて外にはみ出すコードがださい。
間違いなくMicroUSB版を買うべきだったね。

そもそも僕は外でブログ書く機会なんてほとんどないのでnexus7にキーボードをつける意味はないんですが、土台としては気に入ってます。
本当は見た目メモ帳、中身nexus7で電子メモ!みたいなコンセプトだったんだけどなぁ。

まぁ、1000円以下で買えるんで、安い金でnexus7をかっこよくしたい人にはオススメです。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。