南極観測船ふじ

名古屋が世界に誇る港、『名古屋港』です。
まぁ普段何をやってるのか知りませんが、ここには水族館やらなんやらがいろいろあってそれなりに賑わってます。

その一角に『ふじ』という船が留まっています。
こんなんいきなり見せられても一般公開されてるなんて誰が思うのでしょうか。

実はこれ、入場料300円払えば誰でも入れる観光スポットなんですよ。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

南極でブイブイ言わせたんです




こちらの船、1963年から1984年にかけて南極で調査を行なっていました
なんとまぁ南極帰りの巨大船!こんなところで細々と過ごしていらっしゃったんですね!!
全長100メートルで、200人程入るようです。

写真手前にあるのは同じく南極で活躍した車。




内部に入るといきなり食堂が。
船だけに揺れるかなと思ったら底部は固定されていて船の中にいる感じは全くなし。残念。




揺れたら椅子直すのめんどくさいだろうなぁー…。




なんと!B級スポット名物蝋人形がいました!
いやぁーこれがあるとB級スポットにきたなぁとしみじみ思いますね。




おーなんか映画っぽい廊下。




各部屋の内部にはこれまた人形が。
トップがありますね。




医務室。




なんと床屋まで!
一度港を離れて南極に向かえば、もう長いこと帰れなくなってしまいますからね。
こういう職人も必要なわけです。

しかし人形の腕が精巧すぎてキモい。




謎のボードゲームに興じる船員たち。
ネットもない船の中で暇をつぶすことなんて限られてるから、大変だよねー。




仮眠所みたいなとこ。
フルメタルジャケットを思い出します。




カップ片手にまったりモード。




目が合った。




操縦室にきた!




連絡を取り合うラッパみたいなやつ。電波ないからね。
ラピュタでも使われてか気がする。




メカメカしい。




ちょろっと甲板に出るとすごいワイヤーだらけ。
なにに使うんだろか。




記事の都合上、写真はかなり厳選して載せてます。
立入禁止の部分も多いですが、これだけでかい船なので本当に1記事には収まらないボリュームですげー楽しかったっす。
いやぁ是非また行きたいですね。

ちなみに奥にある丸い建物とかは水族館です。
超A級スポットとB級スポットが向き合う悲しい港ですね、ここは。


名古屋港 南極観測船ふじ B級スポット




公式サイト:http://www.nagoyaaqua.jp/fuji/
住所:〒455-0033 名古屋市港区港町1番9号
電話番号:(052)652-1111
場所:Googleマップで見る

営業時間:
入場料:
すごくややこしいから公式サイトを見て。

備考:周りには娯楽もなく…男たちが…長い時間…船内で…共同生活…♡

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。