網戸の正しい使い方

どう考えても網戸のマス目よりも大きい虫が侵入してくることがよくあります。 普段から頭を悩ませてました。 一体どこから侵入してくるのか。あいつらは壁抜けの技でも心得てるのか。

いろいろと検証してみた結果、僕がバカだったことがわりました。

スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

左網戸は要注意

まぁ窓のタイプによって違いもあるかも知れませんが、基本的にはどこも三層構造だと思います。 上記の写真を上から見た図に表すと…。

こんな感じ。 奥から網戸、1の扉、2の扉となっていて、2の扉には鍵がついてる、そんな構造だと思います。

この左網戸の状態で風量を調節したいとき。 恐らく多くの方がこのように1の扉を使って調節すると思います。

これを図解すると…。

こうなりますね。 さぁこの状態が一番ダメな状態です。

ご覧のとおり、1の扉をズラしたことで隙間が発生してしまいます

指が入るくらいの隙間です。

ゴキブリクラスなら余裕ですり抜けられる幅でしょう。 このように隙間に侵入し…。

こちらから隙間を抜けて部屋に入ることができます。

対策

対策は簡単です。 左網戸の状態で風量を調節したい場合は、写真のように2の扉を使って調節すればいいのです。

図にすると…。

こう! これで隙間がなくなりました。

右網戸の場合

右網戸の場合はほとんどの方が正常に使えていると思います。

自然とこうなるからね。

まとめ

1の扉(奥の扉)と網戸は常に対称にしておく! 風量の調節は2の扉(手前の扉)で行う!

ということです。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。