iPhone持って珍スポットいてくる

とんでもない頭痛に襲われた憎き物件!温泉旅館廃墟に行ってきました!

公開日 :   更新日 : 2015/07/24
カテゴリ : B級スポット


廃墟になってるのに『歓迎』なんて看板を残しておくのがいけないんです。
あれ?ひょっとしてまだ営業してるのかな?と、様子を見るために近づいてみます。

そう、様子を見るためです。
スポンサーリンク

汚い



実はここ、以前にも2回ほど訪れたことがあるんですが、その2回とも近づいただけで引き返してます。
なんか行く気が起きなかったからです。別に霊的なアレではなくて。



休日に1人で一泊したら1万円か。
相場はわからないけど、高いように思える。

というかこんなところで1泊してなにすんだ。



おもちゃのヘビが置いてあった。
注目すべきはヘビではなく、その奥の腐った埃の塊みたいなの。
廃墟なんてどこも汚いもんだけど、ここは特に汚い。



この物件の生前のウリは温泉だったそうな。
今となっては遊園地の鏡の迷路みたいな雰囲気。

窓がないので、とにかく暗い。
こういうところに行くと電気ってありがたいなと、改めて思い知らされます。

廃墟に行くと文明のありがたみを再確認できるので、小さな子供さんなんかを一晩廃墟に放置してやれば、万物に感謝する聖人になるかもしれません。



フラッシュを焚かないとこう。
この瞬間、僕は万物に感謝する聖人になってました。



化石化したスポンジを発見。



まぁ、特に語ることもなし。



拷問器具みたいなマッサージチェア。
てか床がヤバイ。絨毯が汚染されてひどいことになってる。
雨が振り込まない場所なのに、なぜか歩く度に靴の底がぐちゅぐちゅいってました。



おおよそ廃墟に似つかわしくない新しい雑誌。



宴会場的な。



キューブリック的一点透視図法。
微妙。



しかしさっきから荒れすぎ。
そんな無法者が多いような地域じゃないのに、やはり廃墟はマニアとヤンキーを惹きつけるのか。



床がヤバイ。



こっちもやばい。



キューブリック的一点透視図法。
奥に双子を立たせたい。



屋上。
奥にある貯水塔みたいなのも行ってみりゃよかった。


ここを探索中、急激な頭痛に襲われました。
廃墟ってのは空気が滞留してほこりやカビがすごいもんだから、それにやられたのかもしれない。
家についた頃には動けないくらいになって、もう怒りマックスでしたね。とりあえず薬飲んで寝込みましたよ。
ちゃんと廃墟も清潔にしておいて下さい!(本末転倒)

しかし気になるのは2011年に発売されたテレビ雑誌なんかが置いてあったこと。
そんな謎と頭痛に頭を抱えつつ、もう1つの物件に立ち寄ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
B級スポット