廃墟になってるのに『歓迎』なんて看板を残しておくのがいけないんです。
あれ?ひょっとしてまだ営業してるのかな?と、様子を見るために近づいてみます。

そう、様子を見るためです。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

汚い



実はここ、以前にも2回ほど訪れたことがあるんですが、その2回とも近づいただけで引き返してます。
なんか行く気が起きなかったからです。別に霊的なアレではなくて。



休日に1人で一泊したら1万円か。
相場はわからないけど、高いように思える。

というかこんなところで1泊してなにすんだ。



おもちゃのヘビが置いてあった。
注目すべきはヘビではなく、その奥の腐った埃の塊みたいなの。
廃墟なんてどこも汚いもんだけど、ここは特に汚い。



この物件の生前のウリは温泉だったそうな。
今となっては遊園地の鏡の迷路みたいな雰囲気。

窓がないので、とにかく暗い。
こういうところに行くと電気ってありがたいなと、改めて思い知らされます。

廃墟に行くと文明のありがたみを再確認できるので、小さな子供さんなんかを一晩廃墟に放置してやれば、万物に感謝する聖人になるかもしれません。



フラッシュを焚かないとこう。
この瞬間、僕は万物に感謝する聖人になってました。



化石化したスポンジを発見。



まぁ、特に語ることもなし。



拷問器具みたいなマッサージチェア。
てか床がヤバイ。絨毯が汚染されてひどいことになってる。
雨が振り込まない場所なのに、なぜか歩く度に靴の底がぐちゅぐちゅいってました。



おおよそ廃墟に似つかわしくない新しい雑誌。



宴会場的な。



キューブリック的一点透視図法。
微妙。



しかしさっきから荒れすぎ。
そんな無法者が多いような地域じゃないのに、やはり廃墟はマニアとヤンキーを惹きつけるのか。



床がヤバイ。



こっちもやばい。



キューブリック的一点透視図法。
奥に双子を立たせたい。



屋上。
奥にある貯水塔みたいなのも行ってみりゃよかった。


ここを探索中、急激な頭痛に襲われました。
廃墟ってのは空気が滞留してほこりやカビがすごいもんだから、それにやられたのかもしれない。
家についた頃には動けないくらいになって、もう怒りマックスでしたね。とりあえず薬飲んで寝込みましたよ。
ちゃんと廃墟も清潔にしておいて下さい!(本末転倒)

しかし気になるのは2011年に発売されたテレビ雑誌なんかが置いてあったこと。
そんな謎と頭痛に頭を抱えつつ、もう1つの物件に立ち寄ります。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。