iPhone持って珍スポットいてくる

『姫路モノレール』廃線巡り 大将軍駅から手柄山駅へ歩いた

公開日 :   更新日 : 2015/07/23
カテゴリ : B級スポット

姫路モノレール
姫路でございます!
駅を出て少し西へ向かうと、建物の頭上にモノレールの跡が残っているという大変面白い光景を見ることができます。

中でも『大将軍駅』は、高尾ビルの内部に駅があり、モノレールの線路が上記写真のようにビルをぶち抜いいる姿が衝撃的です。

過去記事:建物の上を走り、ビルをぶち抜く!!姫路モノレール

過去記事の中でも触れましたが、大将軍駅の次にある、終点の『手柄山駅』を見逃していたので、今回はそれを見るために改めて訪れました。
スポンサーリンク

大将軍駅の取り壊しが決定していた


『手柄山駅』に行く前に、『大将軍駅』について。


高尾ビル

失われる姫路「モノレール遺産」-旧大将軍駅が入るビル取り壊しへ – 姫路経済新聞
ビル内部に駅があるという非常に面白い作りのこの『高尾ビル』ですが、残念なことに解体が決まってしまったようです。

とはいえ現在も人は住んでいて、住民の立ち退きの問題もあるのでまだちょっと先の話しだとは思いますが、このニュースが流れたことも改めて姫路まで足を運んだ理由です。


大将軍駅から手柄山駅へ


大将軍駅から手柄山駅へ
右にあるのが大将軍駅のある高尾ビル。
交差点をクロスする形でモノレール跡が残っています。


町中に遺構が残っている
道路の上など、落下して一大事になるような部分は既に撤去済みですが、多くの部分は残っています。


今にも落ちてきそうなレールの跡
この辺なんかはちょっと落ちそうで危ないね。


裏路地に伸びる姫路モノレール
裏路地を歩いてきます。
歩道横にだいぶ残っていますね。危ない。


長い範囲に遺構が残る
空き地にはそのまま残っています。
しかしだいぶ低いところを走るモノレールですね。


駐車場に残るモノレール
駐車場に残るモノレール。
権利関係とかどうなってんすかね。


いびつな形をしているレール
微妙に歪曲した線路。
なぜ直線じゃないのかと言うと、このモノレールは世界初のロッキードモノレールというタイプで、あえて上下左右に角度をつけることで走行テストを兼ねていたようです。まぁ噂ですが。


手柄山駅
汗にまみれながら丘の上までやってきました。
いつきても姫路の夏は暑い。

手柄山駅が存在していた、『手柄山中央公園』です。
ここにある逆U字の大きな門の中にモノレールが飛び込んでいたようです。


手柄山中央公園
ここはちょっと前まで塞がれていて、大将軍駅と同じく立入禁止になっていたのですが、一昨年から一般公開されるようになりました。


手柄山駅への入り口
当時の資料や駅の様子はもちろん、モノレールの車両まで展示してあるようです!
でも今日は定休日でした…。


わずか2年しか稼働しなかった姫路モノレール


手柄山駅から姫路市を見下ろす
手柄山駅から今きた道を見下ろす。
姫路駅からここまでの行程、1.8キロ。

実はこのモノレール、1966年の姫路大博覧会に合わせて建設されました。
博覧会終了と同時に利用者は激減し、結局8年後の1974年に廃止が決まったというわけです。

そりゃそうだ。


上から見下ろす姫路モノレールの遺構
税金で作ったものを税金で壊すわけにもいかず、だらだらと引き伸ばして今日に至る感じです。

前述のように世界初のロッキードモノレールというタイプなので、何かに転用するということもできず、完全に不要物として残ってしまいました。

近年になって手柄山駅、車両の一般公開や、大将軍駅の解体決定など、いろいろと動きがあります。
もしかしたらレール部分も本格的に解体になっちゃうのかなーなんて思ってしまいますね。

何巻か忘れたけどこの本読んで姫路モノレールに一目惚れしました。


姫路モノレール



公式サイト:http://www.city.himeji.lg.jp/s80/koryustation.html
住所:〒670-0971 姫路市西延末440番地
電話番号:079-299-2500(手柄山交流ステーション)
場所:Googleマップで見る

営業時間:午前9時から午後5時まで
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は、その翌日) 12月29日から1月1日(但し多目的ホールは1月3日まで)
入場料:無料

備考:鳥取まで繋げる構想もあったらしいよ(笑)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
B級スポット