iPhone持って珍スポットいてくる

怪しい少年少女博物館は狂気のB級スポット!伊豆半島観光に超おすすめ!

公開日 :   更新日 : 2015/07/27
カテゴリ : B級スポット

怪しい少年少女博物館

伊豆半島でございます。 この伊豆半島ってのもB級スポット好きからしたら聖地なわけでして、この小さな半島にやたらと濃いスポットが密集しているのでございます。

そんな聖地の一角に『怪しい少年少女博物館』なる、もう自分から『怪しい』と名乗っちゃってるマッド系B級スポットがあります。

今回は伊豆半島の怪しい珍スポット『怪しい少年少女博物館』を紹介します。

スポンサーリンク

怪しい少年少女博物館は外見も怪しい

ペンギン博物館時代の名残

こちらの施設、元々は『ペンギン博物館』というところでした。 その名残がこの入り口に置かれたペンギンの人形。

手前の小さい方のペンギンはかわいらしい皇帝ペンギンのヒナだったのに、エジプトの壁画チックな目をした怪しい感じに塗り直されてるし、後ろの大きなペンギンなんかは、もはやかわいそうなくらい怪しい仕様に改造されちゃってます。

怪しい少年少女博物館の怪しい入り口

入り口から既にもう怪しいもん。

怪しい少年少女博物館の怪しいオブジェ

怪しいもん。

怪しい少年少女博物館の怪しい入場料

入場料は千円

入場料は千円と、そこそこします。 とはいえここを出る頃には『これなら1000円払っても入る価値あるわ』と思えちゃうのが不思議なところ。

怪しい書物

怪しい書物がたくさんあります。 販売しているようなので興味があったら購入することも可能かもしれない。

月光仮面

あ、月光仮面がいた。 レインボーマンとごっちゃになる。

圧倒的密度の怪しい博物館

怪しい展示物

もーこのマネキンや人形やらの大きなものから小さなものまで所狭しと並べられています。

上下左右怪しさたっぷり

上を見ても下を見ても何かがあるので規模の割に密度が濃く、なかなか先に進めません。

怪しい少年少女博物館の展示物はレトロなもの

基本的にはレトロなものが展示されています。オーナーの趣味で集めてきたものを飾ってあるという感じなのかな?

往年のアイドルグッズ

例えば懐かしのアイドルグッズとか。

榊原郁恵のフィギュア

榊原郁恵のフィギュア。 僕くらいの年代だとこの人についてはやかましいおばちゃんくらいの認識しかないので『夏のお嬢さん』とか言われてもピンとこない。

キューティーハニーのフィギュア

美少女アニメ系フィギュアもたくさん。

アートの一種です

中には危ないのもあるので、怪しくないまともな少年少女には厳しい。 ただもうこの空間だといやらしいと言うよりはアートの一種にしか感じません。

昭和のおもちゃ屋さんみたい

この辺は今の子供でも興味ありそうなものですね。まさにおもちゃと呼びたくなるものたち。

イチローと新庄

そんな中にもたまにこういうのが混ざってるからわからない。

レトロではない展示物もある

レトロの一言では片付けられない怪しい展示物の数々でした。

2階エリアも怪しい

2階にも展示物がある

怪しい少年少女博物館には2階もあります。 吹き抜けなのであまり広くはありませんが。

微動だにしない人

腕を組んでじっと微動だにせず下を見下ろす人がいてビビる。

等身大の人形でした

近づいてよく見ると人形だった。 こえーよ。

モダンなおねえちゃん

彼の眼下にはスタイルのいいおねーちゃんマネキン。

星野阪神グッズ

あと謎の阪神グッズ。 星野政権のものでした。

2階の一部はホラー気味なので閲覧注意

2階はホラーテイスト

2階はオドロオドロしいBGMが流れ、展示物もホラーチックなものが多い。

双頭の牛

双頭の牛の人形。 キてます。

一つ目小僧

単眼小僧。

怨念込められてそうな西洋人形

急に西洋の人形。 怖い。

怪しい変態紳士

怪しいです。

上にも変態紳士

見上げると誰かいる。 本当に油断できない。

額に肉

誰にやられたんだ。

お化け屋敷・怪しい夜の学校

おばけやしきもある

施設の一番奥に行くと、お化け屋敷に続く扉が現れる。 別に受付とかはないので勝手に入れる。

怪しい夜の学校

怪しい夜の学校』だそうな。 学校の怪談を思い出します。

怪しい夜の学校に行ってみる

っていうかここに来るまでが既に怖かったので、今更お化け屋敷と言われても『そうなんだ』って感じになる。

が、せっかくなので行ってみます。

怪しいお化け

ヒェッ…。

怪しい仕掛けが盛りだくさん

センサーで人の気配を感知し突然動き出すので怖いっつーかビビる。 まぁお化け屋敷というのは得てしてそういうものかもしれませんが。

なかなかのお化け屋敷

そこまで大きくない施設にも関わらず、帰りの電車ギリギリまで居座ってしまった。 本当に1000円払ってでも行くべきだと思います。

近くには『まぼろし博覧会』という姉妹施設もありますが、徒歩だとキツそうだったのでまた今度行ってみたいと思います。

怪しい少年少女博物館の詳細情報

公式サイト:http://ayashii.pandora.nu/
住所:〒413-0235 静岡県伊東市字街道下1029-64
電話番号:謎
場所:Googleマップで見る

営業時間:午前9時~午後5時(入場は16:30まで)
入場料:1000円(公式サイトに値引き券あり)

備考:運が悪いと人形にされる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
B級スポット