iPhone持って珍スポットいてくる

その姿が涙を誘う…。昔は凄かった系廃墟「海底住居ガラテ」

公開日 :   更新日 : 2015/08/09
カテゴリ : B級スポット

海底住居ガラテ
1977年、フランスで「1ヶ月間海底で暮らす」という実験が行われました。無謀とも思えるこの実験も結果は無事成功。いよいよ人類は生活の場を陸のみにならず海底にまで拡げん、とばかりの第一歩を踏み出したのでございます。

で、その時に使われた「海底住居」が本日の議題なわけです。

※海底住居ガラテは2014年の3月23日に撤去されたようです。Kazuhiroさん情報提供ありがとうございます。
ニュース&トピックス|魚つり園護岸オフィシャルサイト
スポンサーリンク

海底住居ガラテ


現役時代の海底住居ガラテ
引用元:Underwater habitat – Wikipedia, the free encyclopedia

海外版Wikipediaには写真がありました。
こちらが当時実験に使われた「海底住居ガラテ」です。

この中で4人が暮らしていたわけですが、ご覧の通りそこまで大きくもなく…。
一応台所やシャワートイレなんかもあったらしいですが…どうなんだろ。

まぁ、まぁ、まぁ。
ともかく1ヶ月間海底で生活するという実験を達成したのは、このガラテがあってのことなのです。
フランスが世界に誇る一大発明なのであります。


SDIM0053
▲クリックで拡大できます▲

で、そんな輝かしい過去を持つガラテが大阪の港の一画に、ポツンと打ち捨てられているのです。


GALATHEE

基礎部分には「GALATHEE」としっかり書かれています。


正面からガラテ
以前は説明のプレートなんかもあったようですが…。
現在はそれもなく、錆に纏われ、柵に囲われ、なんかもう…ゴミです。


ガラテの昇降口
昇降口がありました。
柵に囲われる前は子供やホームレスが出入りしていたらしいです…。


ナウシカのオームのような窓
唯一内部の様子を伺える、ナウシカのオームの目のような窓も、現在では汚れまみれで見通しが悪いです。


横からガラテ
横からガラテ。


SDIM0060
▲クリックで拡大できます▲

恐らくこれが正面。
柵すら崩壊中。


ガラテの内部
基礎部分の内部は…なにもない。


遠くからガラテ
虫っぽい。

じゃあなんでこんなとこにあるのかと言うと。
まず、ガラテの実験成功の記憶も新しい1981年に、神戸で行われた「神戸ポートアイランド博覧会」にてガラテの展示がありました。

具体的な経緯の方は知りませんが、その博覧会が終わるとともに大阪に寄贈され、最終的にこの「大阪南港魚つり園」に放置ということになりました。


ガラテの前にある海と堤防
そう、ここは釣り客で賑わう公園の一画です。
みなさんの目は海底の魚たちに向いているので、地上に上がった元海底住居には関心もないでしょうねぇ…。


ガラテと鈍色の空
がんばれガラテ…。

ガラテUFO説なんかどうだろう。


海底住居ガラテ


公式サイト:http://www.osaka-uoturien.jp/index.php(魚つり園敷地内)
住所:〒559-0032 大阪市住之江区南港南6丁目9番3号
電話番号:
場所:Googleマップで見る

営業時間:4~11月 05:00~19:00 12~3月 07:00~17:00
休園日:年末年始と水曜日(祝日は開園) 入場料:無料

備考:海に還してやれよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
B級スポット