iCloudへサインイン

iPhoneやiPod touch、MacなどのApple製品は、もしも紛失してしまっても「iPhoneを探す(Macを探す)」機能を使えば、おおまかな現在地を特定できます。ネットに繋がっていれば、だいたいのアクセスポイントがわかるからね。

紛失したときに超役立つ「iPhoneを探す」機能の使い方を紹介するので覚えておきましょう。また、オフラインでも現在地を特定できるのかってことについても最後に解説しますね。

スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

iPhoneを探す機能の使い方

iCloudからiPhoneを探すをオンにする

設定アプリから「iCloud」を選択します。続いて「iPhoneを探す」という項目をオンにします。

準備はこれでOK。 たぶん元々オンになってると思うけどね。

iPadやiPod touch、Macも同じような要領でオンにできるので確認してみてください。

iCloudからiPhoneを探してみる

iCloudへサインイン

それでは実際にiPhoneを探してみたいと思います。 まずは「iCloud」にログインします。

IDとパスワードは普段アプリをダウンロードするときなどに入力するものと同じだと思いますので、それを入力しましょう。

iCloudからiPhoneを探す

iPhoneを探す」を押します。

GoogleマップiPhoneを探す

Googleマップ上に自分が所持しているApple製品の現在地が表示されました。

iPhoneを探す

すべてのデバイス」からiPhoneを選択します。

iPhoneを探す

サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneの消去」という3つのメニューがでてきました。

サウンドを再生

「サウンドを再生」ボタンを押すと、iPhoneからキーンという音が鳴り響きます。

マナーモードだろうが音量0だろうがなかなかの音量で鳴ります。 室内で紛失したときに使うと場所がわかりますね。

紛失モード

これを選択すると、iPhoneが強制的にロック画面に戻ります。 また、もしもiPhoneが誰かの手に渡ってしまったとしても、常に地図上に動きを表示してくれます。

メッセージの表示なんかもできるので、iPhoneの位置を確認しながら最寄りの交番に届けてもらうようお願いすることも可能です。

紛失モード

普段iPhoneにロックをかけていなくても、こちらのモードからパスコードを新たに設定することもできます。

iPhoneの消去

iPhoneの消去

最後の手段です。 iPhone内のデータを削除します。見られたくないデータがある場合などはこれを使うとひとまず二次被害は防げます。

これを使ってしまうと、これ以上の追跡はできなくなるみたいなので、発見を諦める時に使いましょう。

ただ、削除したあとにiPhoneが戻ってきたとしても、バックアップがあれば復元することは可能です。

オフライン状態ではiPhoneを探せない

残念ながらこれらの素晴らしい機能が使えるのは、iPhoneがネット回線に繋がっているときだけです。

なのでオフラインにされてしまったり、電源が落とされたりしまうと見つかる可能性はだいぶ低くなってしまいます

検出したら通知

ただし、紛失してしまったiPhoneがネットに繋がったら教えてくれるなんて機能もありますので、これは忘れずにチェックしておきましょう。

OSのバージョンが古いiPhoneだとこの「iPhoneを探す」機能もざっくりとしたものしか使えなかったりするので、アップデートはしっかり行っておくことをお勧めします。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。