iPhone持って珍スポットいてくる

iOS7使用感レビュー!片手で操作するには辛い点がいっぱいだ!

公開日 :   更新日 : 2015/07/24
カテゴリ : iPhone

iOS7
iOS7 / Janitors

昨日、我がiPhone5を早速iOS7にアップデートしてみました。
言うまでもなくこれまでとはデザインからなにまで一新されて面食らってるわけですが、まぁそのうち慣れるのかなといった感じでおっかなびっくり触ってます。

そんな中でいろいろと困った点もあったので書いてみたいと思います。
スポンサーリンク

左右、上下のスワイプがシビア


iOS7
iOS6までのホーム画面での動作は、左右にスワイプしてページの切り替えと、上部から下へのスワイプでの通知センターの起動だけでした。

iOS7からはこれに加え、上から下にスワイプするとiPhone内の検索を行う画面がでてくるようになりました。
これによって問題が発生してしまいます。



例えばこのように、次ページにいくつもりでななめ方向にスワイプしてしまうと、iPhoneは上から下にスワイプしたと判断してしまい、iPhone内の検索を行う画面がでてきてしまいます。

片手持ちだと真横にスワイプするってのは難しくて、ついついななめに動かしてしまいます。
そうすると横に流したつもりでこの画面が表示されてしまうことがあったりして鬱陶しいです。



ホームボタンを2回押すことで、バックグラウンドで動作されているアプリを確認することができます。
通称マルチタスクと呼ばれるこの機能ですが、iOS7になって大幅に変更されました。

以前のようにアプリを長押ししてポチポチと消していく必要はなく、下から上にスワイプするだけで消せるようになりました。

しかしここにも片手持ちには辛い問題が。



こちらも斜めに動かしてしまうと、うまいことアプリが消えてくれません。
これがなかなか厄介で、わりと正確に下から上にスワイプしてやる必要があります。




Safariもめっちゃ変わって、上下のバーがなくなった分表示領域が広がりました。
左右にスワイプすることで戻るや進むといった動作が搭載されたんですが、たまにこれが誤動作しちゃって、戻りたくないのに戻っちゃったりするんですよね。

その辺僕がChromeアプリを使わなくなったのと同じ道を辿ってて、ちょっと残念。
でもそこまで頻発するものでもないかな。

まーシビアってのは言い過ぎかもしれませんが、慣れないうちは思うように操作できないこともちょいちょいあるかもしれませんということです。


iOS7のここが困った



例えばアップデート直後、ホーム画面右下に「FaceTime」なるアプリが増えた。



おかげで元々ここにあったアプリが追い出され、1個だけ放置されるスペースができてしまった。
またアプリを移動させるのがめんどくさい。



フォルダはこれまでよりもかなり収納できるファイルの数が増えました。
でも最初に表示されるのは9個だけで、残りのアプリはフォルダ内でスワイプしないと見れない。



なんか結局動かさないといけないので、なんだかなぁと。



最後に非常にうざいのが音量ボタンを押したとき。
音量表示の背景がスモーク柄になっちゃったので、動画を見ているときとかに音量ボタンを押すと画面が隠されちゃう。

あとはなんか電源ボタンを押した時の立ち上がりが遅くなった感あるってくらい。

どうなんですかね


いろいろと機能が増えたおかげで、適当な操作じゃなくてきっちり正確な操作を求められるようになってしまったなぁみたいな感じです。

まぁでも冒頭にも書いたようにそのうち慣れるんじゃないかなと。
とりあえずiOS7にアップデートした結果、面白いこともイライラすることもありますということです。

でもなんか改めて冷静に操作してみたらわりと言い過ぎた感じもする。
ごめんね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
iPhone