桃太郎神社修復活動
行ってきました桃太郎神社修復活動!
愛知県犬山市の桃太郎神社です。

ここにはあの浅野祥雲先生による珠玉のコンクリート像が多数設置されています。
しかしそれらは長年の歳月を経てボロボロになってしまっています。

それを修復しようという活動が日本で唯一の浅野祥雲研究家、大竹敏之さんによって始まりました。

で、僕もその活動に参加したよって話。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

桃太郎神社修復活動


今回の修復対象
個人的には桃太郎神社の修復作業は昨年のデビュー戦に続いて2回目。
五色園の修復も含めると3回目の修復活動になります。


いよいよベテランということでこの日も昼過ぎに訪れるというていたらくをキメました。
さてさて今回修復するのは桃太郎神社メインストリートの最奥にある桃太郎御一行の像。


桃型鳥居
あとは本殿前の桃型鳥居。


IMG_5174.jpg
どちらもまるでサスケのような足場が組まれている。
あれ登るのこえーな。


赤鬼
なんだかんだであらかた塗装をはがし終えた赤鬼。


IMG_5192.jpg
青鬼(緑だけど)も順調に剥がされ、色塗りの下地を塗られています。


青鬼
像そのものの形が見えてきましたね。


桃型鳥居の修復


IMG_5214.jpg
足場に駆け上がり桃型鳥居にも下地を塗っていく。


IMG_5216.jpg
足場は不安定で揺れるし、狭いしすごく怖かったです。


IMG_5226.jpg
そんな環境にも恐れず塗り続ける参加者のみなさん。
すごい。


ダビデ像
五色園修復活動以来の激ヤバエプロンさんと再会。
玉置浩二のものまねがステキでした。


IMG_5240.jpg
モザイクかかってるのでわかりませんが、キリスト教会からやってきた外国の方(宣教師なのかな?)も参加してくれました。
スーツ姿なのにペンキ片手にがんばってくれました。


IMG_5249.jpg
続きはベテランが!


IMG_5244.jpg
赤鬼もだいぶ塗れてきた。
細部は明日ということでしたが、雨の為に延期が決定。


仕切り直しということで、桃太郎神社修復は10/21(月)、11/2(土)に改めて行われるようです!
今回これなかった方も是非どうぞ!


ダビデ様が見てる

下半身露出


愛知県 犬山市 桃太郎神社 浅野祥雲 B級スポット


公式サイト:修復活動公式サイト
桃太郎神社公式サイト
住所:〒484-0002 愛知県犬山市栗栖大平853
電話番号:0568-61-1586
場所:Googleマップで見る

営業時間:いつでも
入場料:宝物館は200円

備考:来年の秋はいよいよ優しい鬼を修復します!

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。