飛鳥寺

いつの話だよってくらい昔の夏。
その日私は奈良にいました。

飛鳥寺』行きのバスに乗り、目的地まで揺られます。
バスなので降車駅が遠い程運賃が高くなるんですが、ここのバスは特殊で、乗ってると運賃が下がることがあって驚きました。

バスを降りて日陰のない奈良の盆地をボチボチ歩くと見えてきました飛鳥寺。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

飛鳥大仏



飛鳥大仏

はいはいはい。
『飛鳥寺』って名前から大体察しはつくと思いますが、ここのお寺超古いです。
皆さんご存知あの『蘇我馬子』が作ったとされる寺です。
西暦600年とかそんなもんですね。


桂三枝似の飛鳥大仏

で、こちらの『飛鳥大仏』もそんくらいに作られた大仏です。
つまり日本最古の大仏と呼んでいい。

ちなみに奈良の大仏が西暦750年頃に建設されているので、150歳くらい年上の大仏になるのですねぇ。

像高は2.7メートルなので果たしてこれを大仏と呼んでいいのかどうかはわかりません。
とはいえ大仏の定義なんてバラバラなので難しいところですが。

とまぁこんな歴史ある大仏を珍スポット呼ばわりしたら罰が当たりそうなのですが、桂三枝似のそのご尊顔を眺めているとどことなく珍な雰囲気が漂う気もする。


日本最古の大仏

しかしこの飛鳥大仏さん、建設されて以降かなり補修されちゃってる模様。
なのでどの部分が飛鳥時代のものかはよくわかってない。


飛鳥大仏のチャームポイント

どうでもいいが爪が長い。


カップルで楽しみましょう

更に非常にどうでもいいけど、僕が一人で大仏を眺めていても住職さんはスルーだったのですが、
カップルが大仏を眺めていると『写真撮ろうか?』とか積極的に話しかけてて切なかった。


飛鳥寺



公式サイト:http://www.kasugano.com/kankou/asuka/index6.html
住所:奈良県高市郡明日香村飛鳥682
電話番号:うゆ?
場所:Googleマップで見る

営業時間:ふにゅ〜
入場料:300円

備考:近くに蘇我入鹿の首塚ある

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。