Switch

そういえばWindowsユーザー時代に、『Windows Media Player』を使ってCDから取り込んだ音楽ファイルがたくさんあります。

それらの音楽ファイルは『.wma』って拡張子で保存されています。で、Macに移ってきて.wmaのファイルをiTunesに取り込もうと思ったら、なんとまぁこれができないの。

そこで『.wma』を『.mp3』に変換できるMac用フリーソフトを探しました。

見つけました。『Switch』と仰るそうな。

これさえあればiTunesに取り込めなかった拡張子の音楽ファイルも、取り込めるようになるのです。

スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

Switchを使ってwmaをmp3に!

Switchの使い方

使い方は簡単。Switchを起動させたら、音楽ファイルをドラッグ・アンド・ドロップしてやるだけ。

Switchで音楽ファイルの拡張子を変換する

右下の変換ボタンを押してやります。

Switchで.wmaを.mp3に変換

変換中…。

Switchの仕様

変換できた。が、上から5つのファイルのみ変換できていて、下2つはできませんでした。

どうも複数のファイルを一気にやろうとしても、5つまでしかやってくれない様子。これはかなりめんどくさいのですが、5個ずつをめどにやってもらうといいと思います。

『.aac』『.wav』『.m3u』など変換し放題!

対応している拡張子は多い

対応している拡張子はかなり多いです。『.aac』『.wav』『.m3u』などニッチなところも対応してくれてるのが嬉しい。

保存場所も指定可能

変換後は元のファイルを削除したり、保存場所を任意の場所に設定することなんかが可能。

これでWindowsからMacに移行してきても、変わりなく音楽を楽しむことができまっせ!

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。