DSC01141

買っちゃいましたHappy Hacking Keyboardです。
『ハッピーハッキング』という不穏な名前のキーボードですが、これがかなりいい。

タイピングしたときの感じがすごくいいと評判なのですが、確かにいいのです。
『カチャカチャ』ではなく『コトコト』とよく評されるように、打ってて非常に気持ちが良いのです。

てなわけでHappy Hacking Keyboardの良い所を紹介していきます。

■Mac用

■Windows用
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

Happy Hacking Keyboardのここがおすすめ!



打鍵感が素晴らしい!



DSC01142

『打ちやすさ』とか『誤字が減る』ってのを求めるとそこは少し違うかもしれません。
このキーボードの1番のポイントは『打鍵感がすごくいい』ってとこ。

コトコトとキーを入力するのがすごく気持ちいいのです。
そこはいくら記述してもわからないと思うので、自分もそうでしたが、実際に一度使ってみてから購入することをおすすめします。


DSC01143

ただ個人的には、以前のMicrosoftのキーボードよりは打ちやすいと感じています。
見た目は昔のWindows98とかの時代にあったキーボードみたいなんですけどすごいやつです。


コンパクト!



DSC01144

テンキーがないので非常にコンパクトで、机の上にあってもさほど場所を取りません。
無線接続ではないので、コードがちょっと邪魔ではありますが、逆に言うと電池の準備などをしなくて良いメリットでもある。

クリームパンとかを平気で机の上に置いておいて、何がコードが邪魔だよって感じですけどね。


DSC01145

ちなみに以前使っていたMicrosoftのキーボード。
テンキーがついているのでかなりでかい。


DSC01146

ピント合ってないけど重ねるとこんな感じ。
ちょうどテンキー分小さい。


キーを自由に設定できる!



HHKB_Lite2_for_Mac

公式サイトからMacintosh用ドライバダウンロード(WindowsユーザーならWindows版ある)をダウンロードすれば、キーボードを自由にカスタマイズすることができます。
自分はControl・option・commandキーをMacBook Airのキーボードと同じ並びにしました。


HHKB_Lite2_for_Mac 3

変更方法は下にあるキーをドラッグ・アンド・ドロップするだけ。

Fnキー以外は全部変更可能なのかな?
ご覧のとおりF1キーマニアも安心してご使用いただけます。


Macユーザーはfor Macを買え!



DSC01140

Happy Hacking Keyboardはいくつか種類があるので注意です。
まず2万くらいするProfessional版と、6000円前後のLite版があります。

いつかはProfessionalを使ってみたいところではありますが、Lite版でもその辺のキーボードとは一線を画すと思います。

で、MacユーザーはLite2 for Mac(又は両OS対応のもの)ってのを買う必要があります。
その後上記のドライバをインストールすることでしっかり使えます。

これでマウスもキーボードもわりといいやつで揃えることが出来ました。
この辺のデバイスに投資しておけばいろいろと捗るはずです。はずなんです!!!

過去記事:1万円のマウス買った!8つのボタンで作業が捗るロジクール製マウス『m950t』



スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。