DSC01064

三重県伊勢市です。
伊勢と言えば伊勢神宮なのですが、伊勢神宮の奥之院とも呼ばれるこの『金剛證寺』も見どころたっぷりの観光地です。

巨大な卒塔婆が連なって置かれているその状況は、訪れるものをワンダーランドに誘う、まさにパワースポット的な非日常空間を味わうことができます。

早速ご覧ください。

スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

三重県伊勢市の金剛證寺



IMG_1105

有料道路、伊勢志摩スカイラインの内部にあるので、入場料1250円がかかります。
山頂付近にある金剛證寺の一画に、とんでもない非日常感を味わえる空間があります。


IMG_1106

まるで壁のようにミッシリと巨大な卒塔婆が列をなしています。
戒名やらなにやらが書かれた卒塔婆群の間を縫って歩きます。


IMG_1110

じゃあなんでこんなに卒塔婆があんねんてとこ。
お墓は遺灰や遺骨を納めるものですが、卒塔婆ってのは地面に何かが埋まっているということはありません。

ここでは、死者の魂がこの山に集まってくるという考え方から、死者の霊魂を供養するために卒塔婆が建てられたみたいです。


IMG_1109

にしても巨大な卒塔婆。
板っていうよりはもう柱だもん。


IMG_1113

一応こういう注意書きがある。


IMG_1108

でも参拝する人達はロープに遺品を掛けていくみたいだ。


IMG_1117

やはり高齢者用の物が多く、帽子、杖、眼鏡などが掛けられてることが多い。


DSC01065

大きいものだと5メートル以上は間違いなくあるんじゃないだろうか。


DSC01067

身長175cmnの僕が卒塔婆の壁の中を歩く。
サイズ感覚がおかしくなりますね。


まだ続く卒塔婆の壁



IMG_1111

奥に続く道にも、壁のように卒塔婆が連なっています。


IMG_1116

こうなってくると普通にもう壁だ。
しかしところどころ吊るされる遺品が雰囲気を醸し出す。


DSC01071

しかしどうしてこんなにも巨大化してしまったのか。
これ一本作るのに木も一本切り倒さないといけないサイズだもんなぁ。


IMG_1120

てなわけで感心しながらひと通り歩いて周りました。
かなり圧倒されました。



金剛證寺



公式サイト:http://www.iseshimaskyline.com/kongoushouji.htm
住所:住所: 〒516-0021 三重県伊勢市朝熊町548
電話番号:0596-22-1710
場所:Googleマップで見る

営業時間:9:00〜16:00(卒塔婆群)
伊勢志摩スカイランの営業時間は季節によって変わります。
伊勢~鳥羽を結ぶドライブウェイ!伊勢志摩スカイライン 営業案内

入場料:1250円(伊勢志摩スカイライン通行料)

備考:

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。