iPhone4とiPhone5とiPhone6 iPhone6を買って起動してアプリをダウンロードしていたら、『あれぇ!?』と驚きました。

iPhone6は、iPhone5に比べてホーム画面に置けるアプリの数が増えています。ドックを除き、縦に6列のアプリを配置することが可能となっています。

当初はただ画面がでかくなるだけだと思っていたので、思わぬメリットにやったぜって感じでした。詳しく説明します。

スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

iPhone6のホーム画面では28個のアプリを置ける

iPhone5のホーム画面とiPhone6のホーム画面 ご覧なさい。左がiPhone5のホーム画面で、右がiPhone6のホーム画面です。

iPhone5のときは、縦6列横4列で、合計24個のアプリしか置けませんでした(フォルダは除いてね)。ところがiPhone6では縦列が1つ増えて7列となりました。

これにより合計28個のアプリを置くことができるようになったのです!画面がでかくなっても置けるアプリの数は変わらないと思ってたので、これは嬉しいハプニングでした!

iPhone6の公式画像は全て5列までしか使っていない

公式サイトのiPhone6 でもどうして今までどおりだと思ってたんだろう?と思って公式サイトを見てみると、どの画像も5列目までしかアプリを置いていない。

しかしデフォルトアプリってほとんど使ってないなぁ。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。