iPhone持って珍スポットいてくる

iPhone6 Plusユーザーは注意!?大画面サイズのスマホを扱う時の注意点4つ

公開日 :   更新日 : 2015/07/16
カテゴリ : iPhone, Xperia Z Ultra

Xperia Z UltraとiPhone5

iPhone6 Plusの大きさが5.5インチですか。
今までiPhoneを使っていたユーザーからすると、いきなり1まわり以上大きくなるわけですね。

僕は6.4インチサイズのXperia Z Ultraを愛用しています。
なのでこのサイズのスマホを使ってわかった大画面サイズのスマートフォンを扱う時の注意点を3つ紹介します。

iPhone6 Plusの購入を考えているユーザーは是非ご参考にして下さい。
スポンサーリンク

ポケットには入るが、落ちやすい



ポケットには入るが、落ちやすい

ご覧のとおり6.4インチのスマートフォン『Xperia Z Ultra』でもスーツのポケットに入ります。
ただ、かなりパツパツなのでポケットから落ちやすくもあります。

自分は実際に一度バスの中で座っていたら、いつの間にか落としていたことがあります。
幸いにもBluetoothで音楽を聴いていたので、通信が途切れてすぐに気づいて事なきを得たのですが。

大きなサイズのスマホを扱うときは、ポケットではなくカバンに入れておいたほうがいいかもしれません。


胸ポケットにも入る

胸ポケットも試してみたら意外と入りました。


片手で持てるけど、落としやすいかも



iPhone4

3.5インチや4インチサイズのスマートフォンなら難なく握ることができます。
そう簡単には落とさないはず。


Xperia Z Ultra

このサイズでもまだまだ片手で持つことは余裕です。
しかし、『握る』というよりは『挟む』という感覚です。

『握る』と『挟む』では安心感が違います。
こうなると安心感を求めてストラップやバンカーリングをつけたくなります。


iPhone4は握れる

小型なら小指で支えることも簡単です。
大型の場合もできないことはないですが、バランスが悪くなります…。


周囲の目が気になる



画面サイズがでかいとそれだけ表示領域が広くなるのはありがたい。
しかし、当然ながら周りの人からも見やすくなってしまいます。

健全なサイトを閲覧しているときはそこまで気になりませんが、友達とのLINEでのやりとりや2chなどはやっぱり見辛い…。

Xperia Z Ultraを買った当初は、電車内で大活躍させる予定だったのですが、ちょっと人目が気になるサイズだったので現在は使用を避けてしまっています…。


Androidはウィジェットが便利だけど…



ウィジェットが便利

大画面サイズはAndroidに向いていると思います。
Androidのホーム画面には、アイコンの羅列だけなくウィジェットを置くことができます。

今までアプリを立ち上げなければわからなかった天気予報やブログのPV数、Toodledoのタスクなどが電源オンにするだけでわかります。
この違いは地味に大きいと思います。

iOSもiPadシリーズやiPhone6 Plusと大きいサイズの端末が増えてきたので導入してくれないかな…。


家で寝転がっての使用は抜群



とまぁ注意点を書き連ねましたが、家で寝転がって使用する分には画面が大きい方が抜群に良いです。
iPadだとでかすぎるので、5インチ〜7インチくらいの端末が1番良いんじゃないかと思います。

iPhone6 Plusに対する僕の印象は、便利だろうけどメインで使うにはでかすぎるかなといったところ。
まぁ実際に使用してみたらまた印象は変わるんでしょうけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
iPhone, Xperia Z Ultra