iPhone6にストラップをつけた

iPhone6にストラップホール付きケースを装着しました。
僕はiPhone5の時からiPhoneにはストラップをつけるようにしています。

やっぱりこれがあるとないとでは安心感が違いますからね。
落下の防止以外にも、単純に指にひっかけてると持ちやすいってのもありますね。しっくりくるというか。

てなわけでiPhoneにストラップをつけるのは、個人的にすごくおすすめなので紹介します。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

薄いケースとストラップでiPhoneはもう落とさない!


ストラップホール付きiPhone6ケース

iPhone6にストラップをつけるには、まずストラップホール付きのケースを買わなければいけません。



今回購入したiPhone6用のケースはこれ。
低価格なので安っぽく、落としたら割れそうですが、意外とフィットしてるし触り心地も問題なし。


ストラップはHAKUBAのフィンガーストラップ


HAKUBAのフィンガーストラップ

ストラップはiPhone5から使用しているHAKUBAのフィンガーストラップです。



このストラップはリングの部分がゴムでできているので、ポケットにいれてても画面を引っ掻いて傷つけるようなことはありません。

過去記事:iPhoneユーザーにおすすめな『ケース』『ストラップ』『保護フィルム』の3つを紹介!


iPhoneにストラップは必須!

個人的にはこれがあるのとないのとでは大違いですね。
iPhone6購入当初はまだカバーもなくて心配だったのですが、すぐにストラップホール付きのカバーがでてきてよかったです。

とりあえず現状はこんな感じでiPhone6を使っていきます。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。