ルーブル彫刻美術館

三重県伊勢市です。
榊原温泉口駅』を降りて北を見ると、現実離れした光景が目に入ります。

ここは『ルーブル彫刻美術館』です。
そう、まさに『ルーブル』の名を冠している通り、あのルーブル美術館公認の、世界で唯一の姉妹館なのでございます。
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

三重県伊勢市のルーブル彫刻美術館



ルーブル彫刻美術館入り口

やたらとでかくなったニケとビーナスがお出迎え。
奥には珍スポット名物自由の女神の姿も見えますね。


何故か珍スポには自由の女神像が多いのです。


サモトラケのニケとミロのビーナス

ダイナミックに野ざらし状態のビーナスとニケ。
せっかく世界で唯一の姉妹館なのに、芸術作品を青空のもとに晒すスタイルはいいのか。


駐車場前

ぐるりと回りこむと駐車場と共に美術館の入り口が見える。
で、そこにもまたニケとビーナスと自由の女神が並ぶ。

っていうか自由の女神像はルーブル美術館にはない。


受付前にも巨像

自由の女神がいるし、やたらとでかい像がボンボン置かれてるし、せっかく素敵な由緒があるのにB級感が溢れだしてしまっている…。

それはそれで魅力なので、受付で1500円払って入場しました。


ルーブル彫刻美術館の内部はレプリカ天国



ツタンカーメンのマスク

入っていきなり出迎えるのは、これまたルーブル美術館には展示されていない、ツタンカーメン王の黄金のマスクです。


珍美術大集合

その背後もすごいことになってる。

高岡古城公園動物園にある『絵筆塔』、中央に吹き抜けで鎮座する『十一面千手観音』、原寸大の『ニケ』、またも『自由の女神像』、などなど。

もはやルーブル関係有るのか。


世界で唯一のレプリカ



ミロのビーナス

さて、館内で展示されている像らは、ルーブル美術館に展示されているものから直接型をとって作られています。

レプリカの中でも超本物に近いレプリカなわけですね。
すごい!


ハンムラビ法典

おーハンムラビ法典だ。
社会の教科書で見たことあります。


ロゼッタストーン

おーロゼッタストーンだ。
ロゼッタストーンは大英博物館にあるやつだ。

館内には他にもルーブルだけに捕われず、様々な美術品のレプリカが展示されています。
いいのかそれで。


メインに位置する千手観音像



巨大な千手観音

で、ルーブル彫刻美術館の中心に位置する千手観音像。
これはルーブル彫刻美術館オリジナルみたいです。


千手観音

1階から2階にかけてそびえてます。
この大きさの千手観音は、観音院加賀寺で見て以来なかなか見ない。圧巻。


ルーブル彫刻美術館内部

しかしまぁこうしてみると、ただルーブルの真似事をしているだけでは本物を超えることはできないので、あえて本物とは違うことをしてオリジナルに勝とうとしている気がするようなしないような。

まぁ既にとんでもないレベルで本家超えしている気もしますけどね。



ルーブル彫刻美術館



公式サイト:http://www.louvre-m.com/index.html
住所:〒515-2621 三重県津市白山町佐田1957
電話番号:059-262-1111
場所:Googleマップで見る

営業時間:午前9:30~午後5:00(入館は午後4:30分まで)
入場料:大人1500円

備考:公式サイトに割引券あり

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。