MacBook_AirでWindows

こんにちは、兄弟。
どうしてもWindows専用のソフトを使わなければいけない病気を患ってしまいました。

みなさん御存知の通り、私のPCはMacBook AirでありMacOSです。
従って、当然Windows専用のソフトは使えません。

そこで『VMWare』を使って、仮想環境でWindowsをインストールすることにしました。
おかげさまでMacユーザーの私でもWindows専用ソフトが使えるし、病気は治るし、年俸は2000万円アップするし、身長が70メートル伸びるし、彼女が300人できました。

ディス!イズ!スパルタアアアアアアアア!!!!!!!!!!!
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

VMwareを使って仮想環境でMacにWindowsをインストールする



『VMwareを使って仮想環境でMacにWindowsをインストールしました』とか言っても理解できない人が多いと思うので、解説します。

■VMware…『VMware fusion7』のこと。
これがあればお使いのMacでWindowsがインストール可能になる。
VMWare Japanから買って使う。

VMware Japan オンラインストア


■仮想環境…Mac上に作り出せる仮想のPC環境のこと。たぶん。
つまり、Macの中のアプリケーションの1つとして扱える。エミュレーターとかそんなやつ。


仮想環境があれば必要なときだけWindowsを使える



MacでWindowsを動かす方法の1つに、『Boot Camp』があります。
この場合だと、PCを起動する際にMacで起動するかWindowsで起動するかを選ぶことになります。

Boot CampでWindowsを使う場合

Macを使っていて、Windowsが使いたくなった時には、一度Macを終了させてからWindowsを起動しなければいけません。
また、MacからWindowsにファイルをコピーする場合、めんどくさいです。


一方で仮想環境だと、Macを起動しながらWindowsを使うので、普通のアプリケーション感覚でWindowsが使えます。

仮想環境でWindowsを使う場合

使い慣れたMacの環境で作業しながら、必要なときだけWindowsを起動できます。ファイルの移動も楽。
ただ、MacとWindowsを2つ起動することになるので、マシンに負担がかかりそう。


VMwareでWindowsをインストール



インストール方法は簡単なので割愛します。健闘を祈る。
Windowsのディスクが必要なので、買ってください。


Windows8.1でも大丈夫ですが、自分は安定のWindows7を選びました。


メインはMacで、使い時だけWindowsを使う

こんな感じで、Macのアプリケーションの一部としてWindowsを動かすことができます。


普通のアプリケーションと同じ感覚でWindowsを使う

Windowsのアプリケーションのみを表示させることもできる。
MacユーザーでもWindows専用のアプリを、こんな感じで違和感なく使うことができるのがすごいですね。

VMware Fusion 7

Windows代含めて2万ちょっとしたけど、ちょこちょこWindowsが使えてよかった。
Pro版もいいかなと思いましたが、今のところ無印でも順調です。

私のMacBook Airはメモリ8GBですが、特に問題なく稼働中。
と言っても1日1時間も使ってないんですけどね。


【関連】『VMware Fusion7』を使ってMac miniにWindowsを入れた

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。