拡大くん

「齋藤」や「渡邊」など、書き方を調べてみるも漢字の表示が小さくて細かい部分がわからない!という時に役立つiPhoneアプリ、拡大くんを紹介します。難しい漢字を拡大して表示してくれる他、書き順までわかるのでかなり重宝します。


拡大くん

価格:無料
バージョン:1.3
App
スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

難しい漢字を拡大表示!「拡大くん」で難しい漢字を調べる

調べたい漢字を検索する

アプリの使い方は簡単。調べたい漢字を入力し、検索ボタンを押すだけ。試しに齋藤の『齋』の字を調べてみましょう。やっぱりこの大きさだと細かい部分がわかりませんね。

画面いっぱいに漢字を拡大表示できる

「齋」と入力して検索するだけで表示されます。めっちゃ拡大してくれますね。これで領収書書くときも安心ですね。ここで『書き順』にチェックを入れると、書き順まで示してくれます。「Y」の部分が三画目なんですね。

複数文字も一気に検索できる

読めるけど書けない漢字ナンバーワンの『憂鬱』も調べてみます。1文字だけでなく複数文字いけるのもありがたいですね。あと検索履歴も残るので、以前調べた漢字を振り返るのも簡単です。

『憂鬱』の漢字を拡大表示

「鬱」って「缶」を最初に書くんですね。

とまぁこのような感じで簡単に漢字の拡大表示と書き順が調べられるので、いざという時に重宝します。アプリの価格は無料なので、スマホにインストールしておくと役立つと思います。


拡大くん

価格:無料
バージョン:1.3
App

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。