iPhone持って珍スポットいてくる

秩父三十四ヶ所霊場巡りの見せ場!大淵寺の護国観音が素敵!

公開日 :   更新日 : 2015/07/16
カテゴリ : B級スポット

SDIM0259

埼玉県秩父市でございます。こちらに『護国観音』という立派な大観音がいらっしゃるので紹介します。全長16メートルの巨大な観音様は、影森駅からすぐ近くの『大淵寺』にいらっしゃいます。

この辺には秩父三十四ヶ所霊場巡りってのがあって、その27番札所にもなってるみたいです。
スポンサーリンク

秩父の山の上の護国観音


参道から護国観音を見上げる

すっげー山の上にある。
16mの観音様が豆粒のようだよ。

この日は前日のおおくら大仏参拝からの2日目。1月3日の朝8時です。風は強くて寒いし、こんな早朝から山登りか…。大仏巡りは大変です。


山を登るとチラチラ護国観音が見える

重い荷物を背負いながら、一歩一歩足を踏み出すこと数分。いよいよ護国観音が近づいてきました。


巨大な岩に括りつけられた鎖を使って登る

最後の最後で鬼のような鎖一本巨石登り。1月3日の朝でも、大仏のためなら乗り越えられる。


護国観音の足元から見上げる

ついた頃には汗だくに。こちらが秩父の護国観音様です。伝え聞くところによると、1935年に作られた、戦前のコンクリート観音です。神奈川県の大船観音なんかと同じですね。

【関連】大船観音 JR大船駅からすぐ近く、鎌倉観光にもおすすめな巨大観音像


護国観音の眼下に広がる景色

しかし、思えば遠くへ来たもんだ。


護国観音の特徴


護国観音の上半身アップ

さてこの観音様、やたらと造形のレベルが高く感じる。例えば袖の中の腕だとか、あまり目に触れない場所は誤魔化したくなるものだけど、しっかりと腕があって、その上に薄いコンクリートの衣を被せることで、リアリティをしっかり演出してる…気がする。


護国観音の腕と他の観音の腕の比較

右の写真は30、40メートルくらいの巨大観音なので、単純に比較してはいけないかもしれないけど、こんなイメージです。


左手には蓮華の花の代わりに剣を持つ

左手に剣を持っているのも特徴。なんたって戦前生まれの『護国』観音なので、その辺の時代背景を踏まえてか、珍しく剣を持っています。


目は繰り抜いて表現している

顔立ちはすごくはっきりとしています。その理由として、瞳が繰り抜かれハイライトが入っていることが挙げられます。なかなか珍しいですね。


衣の裾と台座の間に隙間がある

背後に回ると、台座と観音様の間に隙間があることがわかります。あえて台座から衣を離すことで、衣のふんわり感を演出しているんですかね。くっつけた方が確実に安定感が得られるのに。見た目への熱いこだわりを感じます。


護国観音の背後には穴が空いている

背中には謎の穴が開いています。


護国観音の穴の中

中を見てみると、いくつかの柱と小さなスペースが。もともと胎内仏でも置く予定だったのかな。大仏の謎の穴と聞くと、常福寺の大仏を思い出しますね。

【関連】RED&謎!!!常福寺の大仏さん!


護国観音の落下物らしき破片

観音様のものっぽい破片が落ちてた。ただでさえメンテナンスのめんどくさい山の上にあるし、そのうち剣も落としちゃいそう。


護国観音の足がかわいい

あとなんか足がかわいい。



護国観音


公式サイト:ない
住所:〒369-1872 埼玉県秩父市上影森411
電話番号:0494-22-5259
場所:Googleマップで見る

営業時間:8時〜17時
入場料:ない

備考:秩父観光に是非どうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
B級スポット