iPhone持って珍スポットいてくる

『QR目覚まし』を使ったら二度寝がなくなった

公開日 :   更新日 : 2015/07/16
カテゴリ : iPhone

今週の睡眠時間
っていうか先日ワタクシ会社を退職いたしました。
さぁそうするともう朝早く起きる必要はありません。でも睡眠時間という無駄な時間は極力減らしたいの。

そこでワタクシ、目覚ましとして使っているiPhoneをわざと遠くに置いてみたり、目覚ましを三段構えにしてみたり、『Waken N Shake』を使ってiPhoneを振ってみたりといろいろ試してみましたが、結局だめでした。

でも『QR目覚まし』を導入してからはご覧のとおり。1日の睡眠時間は6時間程度と、規則正しい生活で活動時間が大いに増えました。このアプリはQRコードを読み込むことでアラームが止まるというユニークな目覚ましアプリです。アラームを止めるまでがめんどくさいので、二度寝の防止になるわけです。


QR目覚まし – 簡単には止められない目覚まし
価格:無料
バージョン:1.2.1
App
スポンサーリンク

QR目覚ましの設定方法


QR目覚ましの起動画面

アプリをダウンロードすると使い方の説明画面がでてきます。
が、今から俺が説明するのでそれを聞いてほしい。


QR目覚ましの使い方

説明を読み終えると、専用サイトのURLをメールで送信して良いか聞かれます。
前述の通り、アラームを止めるにはQRコードを読み込む必要があります。そのQRコードが表示させるURLがこれってこと。

メールを送って、PCからリンクを開けるようにしておきましょう。


QR目覚ましでアラームを設定する方法

右上の『+』ボタンを押してアラームの設定をします。
例えば毎日6時に起きるなら、『時間設定』は6:00で『繰り返し』は全ての曜日にチェックを打ちます。

その他の項目はそのままでいいと思います。


QR目覚ましのナイトモードの説明

設定が終わったら寝る前に最後の確認をします。
『ナイトモード』からiPhoneの状態をチェックします。
  • それなりにバッテリーが残っているか(充電が尽きるとアラームが鳴らない)
  • マナーモードが解除されているか(iPhone側面にボタンがある)
この2点を確認した後、『ナイトモード開始』ボタンを押してiPhoneを置いて寝ましょう。


QR目覚ましのアラームを解除する方法


アラームの停止方法

時間になるとアラームが鳴ります。まずはアプリを起動させましょう。するとカメラが起動します。


専用カメラでアラーム停止用QRコードを読み込む

PCからURLにアクセスし、QRコードを表示させます。iPhoneでそれを読み取ればアラームは鳴り止みます。


めんどくさい作業が覚醒させる


QR目覚まし

PCの画面に表示されたQRコードをiPhoneで読み取るだけなんですけども、起きた瞬間にこれをやるのがなかなか大変。起きてiPhoneを手にして、PCをつけてブラウザを立ち上げ、URLにアクセスしてQRコードを表示させなければいけませんからね。

でもめんどくさいおかげで、アラームが解除されたときには布団に戻るよりもカーテンを開けて今日も一日がんばろうって気持ちになります。


Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
価格:¥500
バージョン:1.10.5
App

また、自分は合わせ技でDueというアプリも使ってます。このアプリで毎日6時40分に『起きなきゃ負け犬』というメッセージと共にアラームを鳴らしています。まぁQR目覚ましで十分目が覚めるのですが、こうやってムカつくメッセージ同伴で起こされると腹が立つのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
iPhone