新型Macが発売されました!その名も『MacBook』です。これでAppleのノートPCシリーズは『MacBook』『MacBook Air』『MacBook Pro』の3種類ということになりました。

自分はMacBook AirがRetinaディスプレイになるなら買おうと思っていたのですが、今回発表された『MacBook』と『MacBook Air』は別物です。MacBook AirがRetina化したわけではないのです。

また、MacBook発表に併せて『MacBook Air』と『MacBook Pro』も若干パワーアップしました。ということで現在使っているMacBook Airからの買い替え先をどうするか考えてみました。

※追記
結局新型MacBook Proを買いました。

MacBookとMacBook Airの違いは何?

廃墟のパイプ群

今回発表された『MacBook』は『MacBook Air』よりも薄くて軽いです。重量はやっと1kgを切り900gです。

画面はRetinaディスプレイを搭載した12インチ。MacBook Airの11インチよりも大きくて、綺麗で、軽くて薄い。まさにMacBook Airシリーズの進化系とも言えます。

MacBookは外出先などで使う分には非常に素晴らしいマシンであることは間違いないでしょう。

MacBook AirからMacBookに乗り換えるのをためらう理由

しかし僕がMacBook AirからMacBookに買い換えることに躊躇してしまう理由が2つあるので紹介します。

Core Mの性能は現行MacBook Airよりも低い?

廃墟の洗濯機

MacBookに搭載されたCPUは『Core M』っていうやつ。こいつが微妙にパワー不足っぽくて不安なのです。

普通に動画見たりメールしたりする分には優秀なやつだと思うのですが、写真編集作業なんかで使うにはだめそうなの。まぁこればっかりは実際触って試してみないとわからないんだけどね。

MacBook AirからMacBookに乗り換えるとパワーダウンしちゃうかもしれない。となると買い換える意味が無いので二の足を踏んでしまうのです。

USBポートが1つだけなのは辛い

廃墟のパイプ

MacBookは『充電』も『USB接続』も『外部モニター出力』も『USB Type-C』を使います。でもこれに対応した差込口が1つしかない。

つまり『充電しながらモニターに繋ぐこと』や、『外付けHDDをつなぎながらモニターに接続すること』などができない。これは結構困る。

USBポートを増設する商品を買えば解決できるのですが、それだとなんか意味ないというかなんというか…。1万円くらいするみたいだし…。

MacBookが発売されるまで待つことにした

SDIM0068

今のところMacBook Pro13インチにかなり惹かれております。特にPro13インチは以前のものに比べバッテリー駆動時間が長くなっているので、外出先でも非常に使いやすくなってます。

とはいえ1.5kgなので持ち運ぶのは大変そうなのがネックです。女子なので1kg以上のPC持てません。

MacBookもフタをけてみたらCoreMの不安なんてどこ吹く風かもしれませんし、やっぱり軽いしRetinaだしで惹かれるものはあります。

とりあえず実際にMacBookが発売されるまで待つのが1番いいかなというところですね。発売日は4月10日だそうです。

スポンサードリンク