iPhone持って珍スポットいてくる

長崎県の池島で炭鉱ツアーを楽しんだ!軍艦島に劣らない廃墟の島!?

公開日 :   更新日 : 2015/07/23
カテゴリ : B級スポット

池島

第2の軍艦島となりつつある長崎の離島、池島に行きました。プチ軍艦島みたいなところです。昔は石炭が採取でき、軍艦島や周りの島々と同じようにブイブイ言わせていたそうです。

でも石炭の需要減と共に人口はドンドン減少。2001年にはついに閉山され、現在の住民は200名程度だそうな。

軍艦島はアクセスがすごくめんどくさいんだけど、池島はJR佐世保駅から徒歩5分くらいのフェリー乗り場から高速船の定期便が出てるので、それに乗ると1時間くらいで着けちゃう。

わりと簡単に行ける廃墟の島を堪能してきました。

スポンサーリンク

過疎化が進む廃墟の島、池島に行ってきた

池島のまだ住んでる団地

船を降りると目に飛び込んでくる団地の群れ。後述する団地はもう誰も住んでいないのですが、ここの団地にはまだ住んでいる人がいる。

ようこそ池島へ

いろいろなキャラクターが歓迎してくれます。

怖いキティちゃんと怖いドラミちゃん

怖いしこれなにでできてるの?

立入禁止と炭鉱

軍艦島と同じく立入禁止区域は多い。もちろん監視カメラなんかはないんだけど。

てな調子で練り歩いていたら住民の方に声を掛けられた。

池島では炭鉱内の見学ツアーを実施してるらしく、今日もまもなくそのツアーが行われるらしい。その参加者かどうか確認されました。

自分は予約してなかったのですが、せっかくなのでその場で見学を申し込んでおきました。炭鉱内とかワクワクするからね。

池島炭鉱見学ツアーに参加

炭鉱内見学ツアー

トロッコで炭鉱内にやってくるとそこはもうAKIRAの世界。サイバーパンク。薄暗い中に伸びるトンネルとレール。最高です。

炭鉱内の様子

元炭鉱夫のおじさんが説明してくれます。参加者は自分含めて8人でした。説明を聞きつつも写真を撮る。こんな景色滅多に見れないからね…。

レールとパイプだらけのトンネル

しかしこんな狭くてジメジメしてるところで肉体労働ってのは大変だ。今はだいぶ機械化されているみたいだけどね。

巨大なパイプ

奥に進むとますますAKIRAの世界。パイプの群れが素晴らしい。

人工物で覆われた炭鉱内

ずっと奥に進んでいくと足元はぬかるみ、つねに天井からしずくが滴る場所に。ますますわけがわからないパイプジャングル。1本1本がしっかりした役割を持っていたのでしょう。

炭鉱内はBLAME!やAKIRAの世界

見学は体験できるものが多く、楽しかったです。警報鳴らすやつとか、穴掘るやつとか…。

炭鉱トンネルの先の光

これ写真じゃわからないけどすごい上り坂になっている。筒石駅を思い出す。

炭鉱見学後は池島の町並みをめぐる

炭鉱弁当

炭鉱とか廃トンネルとかそうなんですけど、すごくジメジメしてて苦手です。でも超楽しかったし、貴重な体験ができました。すごかった。

戻ってきた後は池島弁当を食べます。当時の働くお父さんたちのお弁当を再現したものらしいけど、わりと普通でした。

シソみたいな葉っぱの天ぷらがあったんだけど、これは池島で採れるやつみたい。

立入禁止看板

さて昼飯後は池島内を巡るツアーです。ここでもガイドの方の後について池島をぐるぐる回ります。

ガイドの方が素晴らしく、せっかくきたんだからってことで立入禁止のところも案内してくれました。ナイス〜!

立坑櫓

廃墟好きにとって合法的に立ち入り禁止区域に入れるってのはもう鬼に金棒。我が物顔で闊歩できるので素晴らしいです。

廃墟になった家々

眼下に家々が立ち並んでた。よく見ると屋根が吹っ飛んでいたり、廃墟だ。

団地のドア

家の中とか入れてくれたり。中は観光用に綺麗になってたけども。

団地群

こちらも団地だらけ。全盛期はたくさんの人が住んでいたんだなぁとわかります。こちらの団地群には現在誰も住んでいない。

壊れかけた団地

コンクリートを植物が覆う。覆った植物も枯れ果てて共倒れの様相。

池島名物、特殊な形の団地群

独特な形の団地

廃墟好きなら一度はどこかで見たことあるでしょうこの珍しい形の団地。

日本で唯一池島にだけ見られる不思議な形の建物です。5階部分が強調されている。

美しさを感じる

飾りっけないけど逆に美しいんだよね。

縦と横の直線

うーむなんという無機質感。縦と横だけの素晴らしさ。斜めなんて男じゃない!

コンクリートの重厚感

火事に強そうだ。

連なる団地

でも閉山したのが2001年だし、つい10年前までここに住んでた人がまだいたのかな?どんな生活だったのだろう。

西日に映える団地

単純だけど複雑な作りだ。ガイドの方から素晴らしい情報を聞いた。毎週水曜日は観光がお休みになるので、ほとんど誰もいないとのこと。

炭鉱内はツアーじゃないと厳しいけど、水曜日なら隅々まで人目を気にせず入れるかもね。

※追記
池島へのアクセス方法についてまとめました。

池島

公式サイト:長崎さるく|池島炭鉱さるく
住所:池島
電話番号:095-811-0369(炭鉱ツアー)
場所:Googleマップで見る

営業時間:ツアーは水曜休み
参加料:2600円(弁当別)

備考:軍艦島よりも手軽に行けるからおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
B級スポット