iPhone持って珍スポットいてくる

2015年、印象に残った自分の記事と他人の記事 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

公開日 :  
カテゴリ : 私のニュース

白馬大仏

ブロガー界隈では「ハイパーリンクチャレンジ」なるものが流行ってるらしく、私も「チャレンジしろ」との指名を受けました。指名してくれたまぬけブログのつじもんよ、ありがとう。

何をやるかというと、2015年に読んだ記事の中で、印象に残ったものを紹介しようというものです。紹介先は2つあり、1つは自分が書いた記事。もう1つは他人が書いた記事から選ぶそうです。

早速どうぞ。

スポンサーリンク

2015年、印象に残った自分の記事

宇曽利湖

記事そのものの出来は二の次として、印象に残っているのは誕生日に恐山に行ったことです。日帰りで、しかも特に事前準備などもなく、ふらっと行ってきました。

今「ふらっと」と書いたけど、東北新幹線は満席で3時間くらい立ち乗りで過ごしたり、途中で交通系icカードが使えない路線に乗り換えなくちゃいけなくなって、しかも現金を持っていなかったから、猛ダッシュで最寄りのコンビニでお金を降ろして乗り換え時間ギリギリに間に合わせたりでもう大変でした。

恐山

そして辿り着いた恐山はやけに好天で、自分が思い描いていた地獄のような景観とは全く異なり、小鳥でも鳴いてそうな美しい空間でした。

参拝者は若い人も数名いたものの、ほとんどが高齢者でした。彼らは写真撮影を若者に委ねるのが好きらしく、私も多くの高齢者の方から「写真いいですか」とお声掛け頂きました。

私も、彼らの依頼をいたずらに断るような悪党ではないので快く撮影を引き受けるのですが、自身にとって何の特にもならない写真撮影を引き受け続けていると、次第に高齢者のために延々と社会奉仕を続ける未来が見えない若者の顔になっていたと思います。

しかし高齢者は悪くない。悪いのは社会。少子高齢化問題を解決するために縁もゆかりもない西宮市で議員になり、意見交換などのために興味もない鉄道に乗り1年で102回も城崎温泉に向かった野々村元議員のような、問題解決に意欲的な議員を因縁つけて辞めさせる社会が問題だ!

風車

話が逸れましたのでまとめますと、2015年は恐山に行ったのが楽しかった、というわけです。それ以上でも以下でもない平凡な2015年でした。

2015年、印象に残った他人の記事

弘正寺

刑務所の美容室で髪を切った話。

和歌山刑務所には、受刑者が髪を切る美容室があるそうな。刑務所という特別な環境の中での閉塞感。そして何の罪で収容されたのかはわからないけど、もしかしたら殺人かもしれない。そんな人がハサミを握り自分の首筋に当てる緊張感。

記事全体にまとわりつく、刑務所全体が醸し出す非日常感。だけど塀の中と外を隔たる壁も、ちょっとしたきっかけがあれば簡単に超えられてしまう怖さ…。読んでる方にもじわじわと嫌な汗をかかせるような、素敵な体験談でしたね。

最後に、この企画にチャレンジする人を3人指名しなければいけません

大久野島のうさぎ

いわゆる「バトン」のような形で、次にこの企画に挑戦する人を3人指名しなければいけないそうです。

しかし、残念ながらこの企画は本日締め切りということなので、まぁ指名はせずにここらで終止符を打とうと思います。ご清聴ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
私のニュース