iPhone持って珍スポットいてくる

東大寺の万灯供養会で、年に2回だけの貴重な大仏の姿を見てきた

公開日 :  
カテゴリ : B級スポット

東大寺南大門

ごきげんよう。奈良です。さて、8月15日は東大寺の万灯供養会(まんとうくようえ)です。大仏殿の周りに2,500個ほどの灯籠が置かれ、いつもと違ってちょっと素敵な雰囲気になります。しかも大仏殿の窓が開放され、建物の外から奈良の大仏のお顔を拝めます。この窓が開くのは1月1日と8月15日だけなので、年に2回しかない見れない貴重なお姿です。

早速南大門を抜けて、中門に向かいます。

スポンサーリンク

激レア!大仏殿の窓から眺める奈良の大仏の顔!

東大寺中門

通常、東大寺の拝観時間は7時半〜17時半となります(夏季)が、この日は19時〜22時までも拝観可能になります。私が訪れたのは19時頃でしたが、既に参拝客がいっぱい。

通常は東大寺の隅にある入口から500円の入場券を購入して大仏殿に入りますが、この日は無料で中門から入れます。つまり、大仏殿の真正面から入場可能になります。しかし、それが可能なのは灯籠・祈願の申込者のみで、一般客はやっぱり隅から入場券を購入する必要があります。平成23年までは一般客も無料だったそうです(笑)

大仏殿

夜の大仏殿。光っているのは灯籠と参拝客のカメラが放つフラッシュの光です。

万灯供養会の参拝者

なかなか綺麗な光景。しかし参拝客のマナーが悪いね。「階段の上で立ち止まって写真を撮らないでください」ってすぐ隣で注意してるに、無視して撮影するんだもの。奈良の大仏の前でそういうことするのはやめてほしいよね。

大仏殿から見える大仏の顔

き、きたーーーーーーー!!!!!

これが年2回しか見れない激レアショット!!!窓から大仏の顔がこんにちは!!まさに窓から顔出す大仏です。なんかちょっと滑稽だね!ちなみに普段の様子は下記記事をご覧ください。

灯籠

しかしまぁ自分もそうなんだけど、これだけみんな写真を撮っていると、風情がないね(笑)

大仏殿手前

いつになく人がいっぱい!みんななんだかんだで大仏好きなんですね!良いことです。

大仏殿から見た中門

大仏殿から中門側を見る。綺麗だねー。灯籠の光だけじゃなくて、普通にライトアップもされてるんだね。

いつもと変わらない大仏殿内部

奈良の大仏

せっかくなのでちゃんと大仏さんも拝んできました。まぁ、いつもと変わりませんね。というか、今年の1月に拝んだばっかりだし当然か。今年もいろいろありましたよ、大仏さん(あれ?でも大仏さんこんな顔だったっけ)。

毘盧遮那仏と虚空蔵菩薩

毘盧遮那仏と虚空蔵菩薩。

虚空蔵菩薩のアップ

特に意味のない写真。

増長天と持国天の頭

前回訪れたときに撮り忘れていた増長天と持国天の頭。説明のプレートがありますが、どちらも同じ内容が書かれていて謎。

再び大仏殿の外観

夜に映える大仏殿

さーっと一周して外にも戻ってきました。この日は一方通行になっていて、参拝客はおびんずる様の前を通って東側に移動させられます。

大仏殿と中門と鏡池

あら、なんだかこうしてみると日頃地味な東大寺もテーマパークかなんかに見えてきますね。今年の万灯供養会はこれで終了ですが、来年是非訪れてみてください。あ、そういえば帰りに「東大寺」って書いてるTシャツ買いました。

今回の写真は全てRX100M3で撮影しました。軽量コンデジのくせに暗所でも十分撮影できますね。ほんと一眼いらず(自慢)。

東大寺 万灯供養会の詳細情報

公式サイト:万灯供養会|年中行事|華厳宗大本山 東大寺 公式ホームページ
住所:〒630-8211 奈良県奈良市雑司町406−1
電話番号:0742-22-5511
場所:Googleマップで見る

営業時間:19:00〜22:00
入場料:一般参加客は500円

備考:同日には奈良大文字送り火も行われていて、少しだけ見えました。奈良イベントいっぱいで羨ましい…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
B級スポット