iPhone持って珍スポットいてくる

ヒルトン名古屋の日本料理 源氏で食べた鉄板焼きをご紹介いたします

公開日 :  
カテゴリ : グルメ

ヒルトン名古屋の外観

愛知県名古屋市伏見にある、ヒルトン名古屋でございます。本日はヒルトン名古屋にございます、日本料理 源氏を格式高くご紹介いたします。

スポンサーリンク

ヒルトン名古屋の「源氏」で鉄板焼きを頂く

源氏の入り口

わぁ格式高い入り口!源氏には鉄板焼き以外にも寿司、天ぷら、懐石コーナーがあるそうです。しかし鉄板焼きと聞くとどうしてもお好み焼きとかを連想してしまいます。

座席と鉄板

着席。目の前にある大きな鉄板でお肉だなんだとを焼いて頂きます。

先付けの冷奴

先付は豆腐の何か。すみません、これがどんな味だったか全く思い出せません。豆腐の上に乗っている赤と緑の何かが縁起良さそうです(謎)

お肉用のタレ

こちらはお肉につける秘伝のタレ。誤解のないように言っておくと、お店の方から秘伝のタレと説明を受けたわけではありません。私が勝手に呼びました。

焼かれる前の野菜と肉

そしてお肉とその他諸々。2人分ですが、見るだけで腹が鳴ります。私の前世は肉食動物だったのかもしれません。

サラダ

サラダ。this is サラダ。コメントのしようがありませんね。

調理スタート!鉄板の上で焼かれる肉、野菜

鉄板上の野菜たち

焼かれたメンバーを紹介するぜ!左からエリンギとみせかけてマコモダケ、ナス、ズッキーニ、さつまいもです。

焼かれた野菜

焼けました。ホクホクで美味しかったんだと思います。

焼かれる肉の塊

そして肉を焼きます。

フランベが始まる

おやおやフランベですかね!?今!鉄板上の肉に!燃えたぎる何らかのアルコールが!?

火炎に包まれる肉

うわああああああーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

火炎に包まれて肉が消えた

あれ!?肉が消失した…?

煙の中から現れる肉

と思われたその時!煙の中から現れたのは…!

焼けた肉

こんがりと焼けたお肉です。あの業火の中から奇跡の生還をキメてくれました。フーディーニもびっくり!マーベラス!

牛肉のパン乗せ

しかし、肉は肉でしかなかった!生還を遂げたお肉はあわれ一口サイズにカットされ、食パンとガーリックに挟まれてしまいましたとさ。

御飯と味噌汁

そんなおしゃれなガーリックビーフトーストには、ご飯と味噌汁がついてきます。一気に松屋っぽくなりましたね!お味の方は当然のごとく美味でした。これがもう美味いのなんの!

焼きサラダもあります

野菜炒め

続いて、野菜を炒めたやつ(あいまいですみません)。緑のはスプラウトかな?あと人参、たまねぎ、あとなんかきのこ。

野菜炒めも食パンに乗せる

これを先ほどの食パンとガーリックの上に乗せる。さらにピリ辛のソースをかけて、パンを挟んで食べます。これがまたうまい。非常にうまい。野菜オンリーでもここまで美味しいのはさすが、源氏である。

デザート

最後は何らかのデザート。これも美味しかったと記憶しています。以上です。すみません、うろ覚えで(笑)

日本料理 源氏の詳細情報

公式サイト:源氏|名古屋のホテルなら【ヒルトン名古屋】
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1丁目3−3
電話番号:052-212-1151
場所:Googleマップで見る

営業時間
水〜金:11時30分 ~ 15時00分 17時00分 ~ 22時30分
土日祝:11時30分 ~ 13時00分 13時30分 ~ 15時00分 17時00分 ~ 22時30分
定休日:月火 ※祝日の場合は営業

備考:書いてて腹が減ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事と同じカテゴリの記事一覧
グルメ