Facebookの返信ボタン

Facebookには返信方法が2つあります。1つは簡単、返信ボタンを押すだけです。

もう1つの方法は裏技的で、名前の前に@マークを書く方法です。

ボタンと@マーク、2つの返信方法とその違いについて紹介しますね。

スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

返信ボタンだと個別に返信できる

返信ボタンでの返信

返信ボタンは一般的な返信方法ですね。これを使えば誰宛の返信なのかが明確です。ボタンを押してコメントを書くだけなので簡単です。特に説明することもなし。

名前の前に@マークをつけると、名前にリンクがつく

名前の前に@をつけて記入する

続いて名前の前に@マークを入れる方法。「@堀江貴文」のように記述します。Twitterのリプライみたいな感覚ですね。人名だけでなく、Facebookページなどでも使えます。

facebookで返信するとき

@マークを入れて名前を書くと、相手の名前がハイライトされます。

人名にリンクがつく

このまま投稿すると、人名にリンクがつきます。返信ボタンは個別にしか使えませんが、@マークなら1つのコメントにまとめて返信できるメリットがあります。

iPhoneのFacebookアプリでも人名には@をつける

ちなみにスマホからでも@マークで呼びかけられます。返信だけでなく投稿にも使えるので、誰かを呼びかけたいときに@人名で投稿してやれば、相手に通知がいきます。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。