PhraseExpressの動き Surface Pro3でもスニペットを使いたい!というわけでWindows対応スニペットアプリ「PhraseExpress」をダウンロードしました。

スニペットってのは短縮入力のことで、任意の定型文とそれに対応したショートカットキーを登録しておくと、定型文を入力したときに自動的に変換してくれるやつです。例えば自分の場合だと「.mds」って入力すると「<h2></h2>」って自動的に表示されるようになる

MacだとTextExpanderってのがあるんですが、Windowsでは使えないので代わりになるものを探していたらPhaseExpressに出会ったってわけさ。しかもTextExpanderは4,000円くらいなのにPhaseExpressは無料

でもPhaseExpressは英語のみで日本語には対応していないので、最初の設定に手間取りました。その後なんとか使いこなせるようになったので、PhaseExpressの使い方を紹介しますね。

スポンサーリンク
【おすすめ記事】
誕生日だから死を感じに恐山に行ってきた
心霊スポット?東京湾観音の近くにある廃トンネル「観音隧道」での心霊体験
宝徳山稲荷大社/新潟県長岡市観光ならおすすめの巨大宗教施設!
築100年?西濃鉄道の廃駅、昼飯駅と園周辺探索
年金未納ブロガーがPCデスク環境を晒します

PhaseExpressをダウンロード/インストールする

PhraseExpressのダウンロード方法 ダウンロードはここからいけます。「Download Now」を押しときましょう。

PhraseExpressのインストール方法 インストールは指示に従っていくだけです。

インストール後、編集する インストール完了後、通知のとこからビックリマークアイコンを右クリックし、「Edit phrases」を選択します。

PhraseExpressに定型文を登録する方法 PhraseExpressが開きました。「New Phrase」をクリックして定型文を登録していきます。

3項目を入力する 1は登録するデータの名前です。他と被らないわかりやすい名前をつけてあげましょう。2には定型文を入力します。3は定型文を呼び出すショートカットキーを入力します。

定型文の登録方法 例えばこれだと「.hi」と入力すると、「おはようございます。今日は〜」という定型文が表示されます。

最後の仕上げ 最後にプルダウンから「Execute immediately」を選びます。これを選ばないと自動的に変換されません。続けてスニペットを登録する場合は再び「New Phrase」を選びます。完了する場合はOKを押せば終わります。では最後に登録したスニペットが正しく稼働するか調べましょう。

実際の動き 「.hi」と入力するだけで定型文が表示されてますね。これでおしまい。本当はMacのText Expanderと同期もできるみたいなのですが、自分の環境だとインポートしても読み込んでくれませんでした…。なので手動で入力しました。同期してくれれば良いんですけどね…。

しかしPhraseExpressのおかげでSurface Pro3でも文字入力がめちゃくちゃ捗るようになりました。これが無料という素晴らしさ。Windowsユーザーは是非どうぞ。

スポンサードリンク

掲載している画像についてのお知らせ

いたみわけ.comでは、掲載している画像(透かしなし・原寸大)を1枚15,000円(税込)で販売しております。ご購入を希望する方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なお、画像を引用して頂くことは可能ですが、必ず著作権法に則り正当な理由の上で引用してください。昨今のキュレーションメディアのように、単なるイメージ画像として無断で使用した場合は無断転載・無断複製となりますので、正式な料金を記事作成者またはメディア責任者にご請求いたします。